Ανείας
アイネイアス
父:アンキセス
母:アプロディテ
妻:クレウサ
子:アスカニオス
登場:イリアス
   神統記
   ホメロス風賛歌
   アエネイス

概要
 アンキセスとアプロディテの息子。イーデーの山中に生まれ、姉であるヒッポダメイアの夫アルカトオスに育てられた。
 アキレウスの侵略を契機として、トロイア方の勇将として戦争に参加。ホメロスの叙事詩では常にヘクトルと並び称され、何度もギリシア方を破った。ディオメデスやアキレウスに追いやられたこともあったが、アプロディテポセイドンの保護を受け命を救われた。神の命に従う敬虔な勇士であったアイネイアスは、トロイア方で唯一、トロイア陥落後における栄光ある未来を保障されていた。
 トロイア滅亡後はイーデー山中に退き、または、各地に都市や神殿を建設したと伝えられている。
 後に自分たちの起源をギリシア神話に求めたローマ人たちは、神の保護を受けた英雄であり敵であるギリシア方ではないアイネイアスに好意を抱き、彼とローマ建国を結び付けるトロイア滅亡後の物語が創り出された。ホメロスの讃歌に優るとも劣らないウェルギリウスの『アエネイス』に書かれたのもこのためである。
 トロイア脱出後、アイネイアスはトラキア、マケドニア、クレタ、デロス、ラコーニア、アルカディア、レウカス島、サキュンストス島、エーペイロスを遍歴し、最終的にイタリアに辿り着きシチリア島に上陸した。
 アイネイアスはラティウムの王ラティーヌスの好意を受け娘ラウィーニアを貰い受ける一方、土着のイタリア人との間で戦争が起こったため、神命によりローマに赴きエウアンドロス王の援助を受けた上で応戦する(アエネイスは未完のままここで終わる)。
 アイネイアスの子アスカニウスはアルバ・ロンガを建設し、彼の系譜から後にローマの建設者ロムルスを輩出することになる。

芸術作品

作者不詳
アエネイス

ドッソ・ドッシ
アエネアスの物語

別表記
 アイネイアース、エイネアス、アエネアス、AineiāsAeneas

外部リンク
 ウィキペディア

記載日
 2008年4月1日
ギリシア・ローマ神話
その他
そこそこアレな感じで