Αολος

アイオロス

父:ヒッポテス
妻:キュアネ

概要

 アイオロスは、ギリシア神話における風の神アネモイたちの主。
 ヒッポデスの息子。妻はリバロスの娘キュアネ。アイオロスは人間だったが、ゼウスに愛され風の支配者となる。浮島アイオリアの王。洞窟の中に風をたくわえ、意のままに風を操る。
 ある時、アイオロスはオデュッセウスの航海を助けるために、西風ゼピュロス以外の風を袋に詰めて与えた。しかし、その袋を財宝だと勘違いした部下たちはその袋を開いてしまい、元のアイオリア島まで吹き戻されてしまった。

登場

 ホメロス著『オデュッセイア

芸術作品


アルブリクス
神々の像についての小冊子

ピエロ・ディ・コジモ
人類の教師としてのウルカヌスとアエオルス

別表記

 アエオルス、Aeolus

外部リンク

 ウィキペディア

記載日

 2008年12月16日
ギリシア・ローマ神話
その他
そこそこアレな感じで