Alberto della Pigna

アルベルト・デッラ・ピーニャ

概要

 アルベルト・デッラ・ピーニャはヴェネツィア駐在フェッラーラ公国大使。

年表

1498年2月22日
ヴェネツィアにて、エルコーレ1世・デステに手紙を書く。チェーザレ・ボルジアフアン・ボルジアを殺害したこと。「ガンディア公の死因はその兄枢機卿にあることを再度知りました。・・・・問題の死についてのこの情報は確かな筋から入手したものです」
1498年3月15日
ヴェネツィアにて、エルコーレ1世・デステに手紙を書く。チェーザレ・ボルジアフアン・ボルジアを殺害したこと。
1504年6月18日
ヴェネツィアにて、エルコーレ1世・デステに手紙を書く。夫フアン・ボルジアチェーザレ・ボルジアに殺害されたマリーア・エンリケスが、スペイン宮廷にチェーザレ・ボルジアを逮捕するよう訴え出た。

別表記

 ジョヴァンニ・アルベルト・デッラ・ピーニャ、Giovanni Alberto della Pigna

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2006年10月27日以前
外交官
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで