——Aldo Manuzio——
アルドー・マヌツィオ

生没年:1449年〜1515年2月6日
出身:バッシアーノ
没地:ヴェネツィア
記載日:2006年10月27日以前

概要
 人文主義者、古典学者、印刷出版業者。

年表
 1449年 ラツィオのヴェッレトリ近郊バッシアーノに生(1450年、1452年)。
 1494年 この年頃、ヴェネツィアに印刷所を開設し、ギリシア古典の編集・出版を開始。
 1502年 ギリシア語研究及び古典出版のためAccademia veneta(ヴェネツィア学園)を設立。(1500年)。
 1515年2月6日 ヴェネツィアで死。改訂版も含めて131点の本を出版

アルドー・マヌツィオ書房出版物
 1495年3月8日 最初の出版物としてコンスタンティーノ・ラスカリス著『Erotemata((ギリシア語文法)抜粋:1476)』の再版。
 1495年12月25日 Theodoros Gazesの遺作『Grammatike eisagoge(ギリシア語文法)』。
 1498年 アリストテレスの5巻本。
 1499年 フランチェスコ・コロンナ著『ポリフィーロの夢』。
 1501年 最初の小型本。八折版、アルダイン・イタリック体で、ウェルギリウスの作品集。序文に「この洗練された本文は御覧のとおりの姿で提供される。我々は卑小な詩作品を小型本に収めようとは思わない。全ての名作をこの同じ形式で出版するのが我々の意図なのである」
       ウェルギリウスの作品集。
       ホラティウスの作品集。
       フランチェスコ・ペトラルカの詩集。
       ユウェナリス、ペルシウスの作品集。
       マルティアリスの作品集。
 1502年 ガイウス・ウァレリウス・カトゥルスの作品集。
       ティブルスの作品集。
       セクストゥス・アウレリウス・プロペルティウスの作品集。
       キケロ著『親近書簡集』。
       ルーカーヌスの作品集。
       ダンテ・アリギエリ著『神曲』。
       スタティウス作品集。
       ウァレニウス・マクシムス著『著名言行録』。
       オウィディウス著『変身物語』。
       オウィディウス著『著名婦人への書簡集』。
       オウィディウス著『祭暦』。
 1503年 2回目の出版目録。
 1505年 ジョヴァンニ・ポンターノの詩集。
 1507年 エウリピデスの悲劇集(エラスムスによるラテン語訳)。
 1508年 エラスムスの『格言集』。パリの初版では818の格言だったが、この第3版では3260の格言を収録。「プトレマイオス2世の図書館は自家の狭い壁を以って囲まれていたが、アルドゥスは世界の果て以外には壁のない図書館を建てる」
 1508年 『小プリニウス書簡集』。
 1509年 ガイウス・サッルスティウス・クリスプスの作品集。
 1513年 ティート・ストロッツィエルコーレ・ストロッツィ父子の詩集。
       キケロ著『アッティックス書簡集』
       ガイウス・ユリウス・カエサル著『ガリア戦記』。
 1513年 3回目の出版目録。
 1514年 ヤコポ・サンナザーロ著『アルカディア』。
 1515年 ルクレティウス『事物の本質について』 。
 1518年 ギリシア語訳旧約聖書を刊行(Aldus版聖書)。印刷されながら販売を未だ認可されないPolyglotta Conpultensis(1517年)を置いて、入手可能な初のギリシア語訳旧約聖書となる。
 1545年 バルダッサーレ・カスティリオーネ著『宮廷人』。

別表記
 アルド・マヌーツィオ、アルド・マヌッチ、アルドゥス・マヌティウス、アルダイン、アルドゥ、ManucciAldus ManutiusAldineAldes

外部リンク
 ウィキペディア
 学術出版の祖アルド・マヌーツィオ
 BOOKS-YUSHODO
 BOOKS-YUSHODO

参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで