Alessandro Vitelli

アレッサンドロ・ヴィテッリ

生没年:1500年~1554年5月
出身:チッタ・ディ・カステッロ
没地:チテルナ
在位:フィレンツェ軍総司令官
父:パオロ・ヴィテッリ
母:ジローラマ・ディ・ロベルト・オルシーニ
妻:アンジェラ・デ・ロッシ
子:ヴィテロッツォ・ヴィテッリ
  アルフォンソ・ヴィテッリ
  ヴィンチェンツォ・ヴィテッリ
  ジューリオ・ヴィテッリ
  ヤコポ・ヴィテッリ
  チェーザレ・ヴィテッリ
  ドラリーチェ・ヴィテッリ
  アンテア・ヴィテッリ
  ベアトリーチェ・ヴィテッリ

概要

 アレッサンドロ・ヴィテッリはイタリアの傭兵隊長。

年表

1537年1月7日
チッタ・ディ・カステッロにあった自身が指揮するスペイン軍守備隊に、インノチェンツォ・チーボから急ぎフィレンツェ市内に戻るよう指示を受ける。
1537年1月8日
スペイン軍守備隊がフィレンツェ市内に戻る。しかし市内は平静で、騒乱を利してクーデターの可能性は消える。
1537年1月10日
フォルテッツァ・ダ・バッソを占拠し、メディチ宮殿から奪った財宝を持ってインノチェンツォ・チーボ及びアレッサンドロ・デ・メディチの寡婦マルゲリータ・ディ・パルマらと籠る。
1537年8月1日
午前2時フィレンツェを発ち未明にプラートに到着したスペイン軍、直ちにモンテムルロに向かい、亡命者たちの軍を急襲して壊滅させ、フィリッポ・ストロッツィバッチオ・ヴァローリ両父子、アントンフランチェスコ・デリ・アルビッツィLudovico Rucellaiら指揮者をことごとく捕虜とする。
正午、亡命者たちの軍壊滅の報、市内に届く。
夜、捕虜、市内に連行され、コジモ1世・デ・メディチの前に引き出される。
1537年8月3~4日
捕虜の内Ludovico Rucellaiら7名、衆人の前で斬首ないし絞首される。
フィリッポ・ストロッツィをフォルテッツァ・ダ・バッソに幽閉。カール5世の配下に入り、コジモ1世・デ・メディチの手を離れる。
1540年5月8日
ピエル・ルイジ・ファルネーゼジローラモ・オルシーニらと共に指揮するパウルス3世教皇軍、ペルージア守備軍との衝突、戦闘、始まる。
1547年9月16日
この日までに、パウルス3世の命で軍をパルマに急派。
1554年5月
チテルナにて、死(1566年)。

チェーザレ・ボルジア数

 母ジローラマ・ディ・ロベルト・オルシーニ→父ロベルト・ディ・カルロ・オルシーニ→きょうだいエレーナ・オルシーニ→子ルドヴィーコ・ミリオラーティ→妻アドリアーナ・デル・ミラ→父ペレ・デル・ミラ→母カテリーナ・デ・ボルハ→きょうだいイザベッラ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日

 2006年10月27日以前
ヴィテッリ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで