μάζων

アマゾン



概要

 アマゾンはギリシア神話に登場する、女性のみで構成される部族。実在した母系の、戦闘を得意とする狩猟民族をギリシア人が誇張した姿と考えられている。複数形ではアマゾネス。
 アレスハルモニアを祖とし、カウカソス、スキュティア、トラキア北方、アナトリアなどの黒海沿岸、北アフリカに住み、女王がこれを統治していた。
 男が彼女たちの社会の成員となることは決して許されなかった。しかし、血筋を絶やさぬためには他部族の男と交わい、生まれた子どもからは女児のみが選ばれ、男児は父親のもとに送り返されるか、その場で命を絶たれるかであった。

ヘラクレス

 ヘラクレスの12の功業のうち第9番目は、アマゾンの女王ヒッポリュテの帯を取ってくるというものだった。
 その命を受けるや、ミケーネから船でアナトリアのテミスキュラへ向かった。やがてヘラクレスが港に到着すると、ヒッポリュテに歓迎され、帯を与えることを諾われた。
 しかし、夫ゼウスと人間の女性との間に生まれた不倫の息子ヘラクレスを、彼が誕生する以前から深く妬み憎んでいた女神ヘラが、アマゾンに姿を変え、来航したギリシア人が女王ヒッポリュテをさらっていこうと画策していると触れ回った。これを聞いたアマゾンは武器を取り、大挙して港へ押しかけた。
 ヘラクレスは早計にも、これはアマゾンが仕掛けた罠だったのだとみなすや、ヒッポリュテと自分を取り囲んでいたアマゾンとをすべて打ち破ってしまい、帯を持って帰路についた。

別表記

 アマゾーン、亜馬森、アマゾニス、AmazonμαζονίςAmazonis

外部リンク

 ウィキペディア

記載日

 2009年2月14日
ギリシア・ローマ神話
その他
そこそこアレな感じで