Amerigo Vespucci
アメリゴ・ヴェスプッチ
生没年:1454年3月9日~1512年2月22日
出身:フィレンツェ
没地:セビリア
父:ナスタージオ・ヴェスプッチ
母:エリザベッタ・ミーニ

概要
 アメリゴ・ヴェスプッチは商人、航海者。

年表
1454年3月9日
フィレンツェに生(1451年頃)。
1497年
(自身の記録によれば)第1回航海に出発(1497年~1498年)。以後1499年~1500年、1501年~1502年、1503年~1504年と新大陸への航海を続行。但し確証なし。
1503年
この年頃自身の大航海に関する第5の書簡(ロレンツォ・イル・ポポラーノ宛)、通称Mundaus Novus(新世界)を刊行。
この中で新大陸をアジアではなく新世界と呼ぶ。
1505年
この頃、自身の大航海に関する第6の書簡(フィレンツェの終身正義の旗手ピエロ・ソデリーニ宛)を刊行。
1512年2月22日
セビリアで死。

外部リンク
 ウィキペディア
 世界史の窓
 Chronicles of America

参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日
 2006年10月26日以前
ヴェスプッチ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで