——Antonio Giustiniani——
アントーニオ・ジュスティニアーニ
在位:教皇庁駐在ヴェネツィア大使 1502年〜1505年
記載日:2006年10月27日以前

年表
 1503年11月22〜30日 教皇ユリウス2世から繰り返し呼びつけられ、中部イタリアの教会領へのヴェネツィア軍の進撃の中止と占領地の教会への返還を求められる。
 1503年12月25日 ユリウス2世から中部イタリアの教会領へのヴェネツィア軍の進撃に改めて抗議される。
 1504年5月 ヴェネツィア共和国政府宛てに手紙を書く。サンタンジェロ城に投獄中のミケーレ・ダ・コレーリアが、ガンディア公フアン・ボルジアヴァラーノ家の者たち、アストッレ3世・マンフレディオッタヴィオ・マンフレディ兄弟、ビシェリエ公アルフォンソ・ダラゴーナベルナルディーノ・カエターニ、カーリ司教などの殺人で告発される。

別表記
 ジュスティニアン、Antonio Giustinian

参考文献
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Lucretia Borgia
外交官