——Antonio Maria Ciocchi del Monte——
アントーニオ・チョッキ・ダル・モンテ
生没年:1461年〜1533年9月20日
在位:チッタ・ディ・カステッロ司教 1503年8月4日〜1506年2月6日
    先代:ジューリオ・ヴィテッリ
   枢機卿 1511年3月10日〜1533年9月20日
       任命した教皇:ユリウス2世
記載日:2006年10月27日以前

年表
 1502年9月上旬〜10月 チェーザレ・ボルジア、ロマーニャにおける人心の収攬と統一的支配体制の整備のため、この頃、統一的司法組織Rota(司法・治安官)を設置し、ロマーニャで人望を集めていた法律家アントーニオ・チョッキ・ダル・モンテを長官に任命。さらに彼に行政上の最高権限をも与えて、新官職Presidente di Romagna(ロマーニャ(地方)統領)に就任させる。苛烈な支配を行って人心を離反させる傾向の強かったラミロ・デ・ロルカには軍事上の指揮権のみを認める。
               同時にチェーザレ・ボルジア、スペイン人ミケーレ・ダ・コレーリアを用いて領民の徴発及びその軍事訓練を精力的に続け、自分自身の領民からなる徴兵軍を自分の軍事、政治行動の基盤とする態勢を固める努力を続ける。
 1502年12月6日 パオロ・オルシーニ、先にチェーザレ・ボルジアの任命した新ロマーニャ統領アントーニオ・チョッキ・ダル・モンテを先導してウルビーノに入る。
 1502年12月8日 ウルビーノグイドバルド・ダ・モンテフェルトロアントーニオ・チョッキ・ダル・モンテに地位を譲ってウルビーノを去る。
 1503年7月24日 チェーザレ・ボルジアが前年ロマーニャ全域の統一的支配のため設置したRota、チェゼーナを中心にファーノ、ペーザロ、リーミニ、ファエンツァ、フォルリ、イーモラに開設され、その開設式が長官アントーニオ・チョッキ・ダル・モンテの出席のもとチェゼーナで盛大に行われる。

別表記
 Antonio da Monte San SavinoAntonio dal Monte

外部リンク
 GCatholic.org
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia

参考文献
 『君主論』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで