Architettura

建築物

コペルト橋 Ponte Coperto

所在地
イタリア共和国ロンバルディアパヴィア県パヴィア
外部リンク

 Google Maps
 komatsusin2のブログ
 Wikipedia

アウレリオ・サッフィ広場 Piazza Aurelio Saffi

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフォルリ・チェゼーナ県フォルリ
概要

 アウレリオ・サッフィ広場は、フォルリにある広場。


 1488年、カテリーナ・スフォルツァの命により、ジローラモ・リアリオ殺害の反乱者たちをマッテオ・バボーネがこの広場で残虐に処刑。

古名

 マッジョーネ広場、Piazza maggiore

外部リンク

 Forlipedia
 Forlipedia
 Wikipedia

ヴァスチェッロのメディチ邸 Villa Medici del Vascello

所在地
イタリア共和国ロンバルディアクレモーナ県サン・ジョヴァンニ・イン・クローチェ

外部リンク

 Wikipedia

ベルフィオーレの別荘 Delizia di Belfiore

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフェッラーラ県フェッラーラ
概要

 ベルフィオーレの別荘は、フェッラーラにある建物。

別表記

 ヴィッラ・ベルフィオーレ

外部リンク

 Ferrara Nascosta
 Wikipedia

ベルリグアルドの別荘 Delizia di Belriguardo

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフェッラーラ県ヴォギエーラ
建設
1435年
概要

 ベルリグアルドの別荘は、エステ家の夏の離宮である。ニッコロ3世・デステ時代の1435年に建設された。
 夏の6か月間、エステ全宮廷がフェッラーラから移ってきており、つまり半年間はここで政治が行われていたのである。
 1682年建設のベルサイユ宮殿がよく引き合いに出されるほど見事な宮殿であり、1493年5月25日に訪れたルドヴィーコ・イル・モーロが妻への手紙で絶賛している。しかし、1598年にエステ家フェッラーラから追放されてモデナに移る際に、この館の調度品一切は持ち出され、16世紀の巨匠によってフレスコ画が描かれた部屋は馬小屋や納屋などにされてしまい、荒れ果てた朽ち屋となってしまう。

正門 Ingresso principale


 ここで有名なのは、1505年11月1日にイッポーリト・デステが義兄のジューリオ・デステを襲撃した事件だろう。悲劇は正面入り口向かって右手、フェッラーラ方面の50m先で起きたという。アンジェラ・ランソルとの三角関係のもつれから、果ては兄アルフォンソ1世・デステまでを巻き込むエステ家お家騒動の発端ともなる事件でもあった。

庭から正門

 ベルリグアルドの別荘には中庭が2つあり、これは最初の中庭から正面入り口を見たところ。
 6月21日頃にここから日の出が見えるそうだ。そして反対側の庭に面している門からは12月頃には日没が見えるらしい。
 状態から察するに右側は当時のものだが、左側は後から付け加えられたものらしく、しかもボロボロである。
 Wikimedia Commonsを見ると、Torre(塔)に分類される模様。

ベルリグアルド市民博物館 Museo civico di Belriguardo


 ベルリグアルドの別荘は博物館を内包しており、この地域からの考古学的発見や、ルネサンスと現代美術を展示している。

葡萄の間 Sala della Vigna





 葡萄の間は当時食堂、昼食室だったらしく、現在はここだけが当時の面影を残している場所となっている。内部装飾はジローラモ・ダ・カルピドッソ・ドッシバッティスタ・ドッシ兄弟、ガロファロの4人が行っている。遠近法を駆使した架空の風景、そしてその上には葡萄棚の描かれた情景が今でもかなり美しく残っている。
 もしこのベルリグアルドの離宮が状態よく、調度品なども残され、庭も破壊されていなかったら、ヴォギエーラの一大観光地になっていただろうことは想像に難くない。ルドヴィーコ・イル・モーロが自分の城よりも素晴らしいと絶賛した宮殿の大部分が失われてしまったことが本当に悔やまれる。

ルネサンス時代の平面図


 赤く囲ってあるところが現存部分。後ろの広大な土地は全て庭園で、エステのヴェルサイユと渾名されるのも納得できよう。四方八方から水が引かれていて、その様相はさながらティヴォリヴィッラ・デステのようである。

別表記

 ヴィッラ・ベルレグアルド、ベルリガルダ、Belriguarda

外部リンク

 エステ大辞典
 ボルジア解体新書
 Google Maps
 Wikipedia

Delizia Verginese

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフェッラーラ県フェッラーラ
概要

 Delizia Vergineseは、フェッラーラにある建物。

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

サンガッロ要塞 Forte Sangallo

所在地
イタリア共和国ラツィオヴィテルボ県チヴィタ・カステッラーナ
概要

 サンガッロ要塞は、チヴィタ・カステッラーナにある建物。

ボルジア家の紋章

外部リンク

 civita castellana
 In Agro Falisco
 Google Maps
 Wikipedia

ティチネーゼ門 Porta Ticinese

所在地
イタリア共和国ロンバルディアミラノ県ミラノ
概要

 ティチネーゼ門は、ミラノにある門。

別表記

 ポルタ・ティチネーゼ

外部リンク

 アーモミラノ
 Google Maps

ヴィッラ・デステ Villa d'Este

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ティヴォリ

概要

 ヴィッラ・デステは、ティヴォリにある建物。元はサン・ヴェネディクト修道院だったが、1550年9月9日にティヴォリ知事に着任したイッポーリト・デステ枢機卿により、住み心地の良いように増改築された。イタリア屈指の見事な庭園を持ち、地上の楽園といった様相である。
 このエステ家の別荘の工事と共に、ティヴォリも発展するが、統治しにくい土地柄で政治的な問題は解決されなかった。

紋章

百の噴水 Cento fontane

オヴァートの噴水 Fontana dell'Ovato

別表記

 ヴィラ・デステ、ティヴォリのエステ家別荘

外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps

モンテカッシーノ修道院 Abbazia di Montecassino

所在地
イタリア共和国ラツィオフロジノーネ県カッシーノ
概要

 モンテカッシーノ修道院は、カッシーノにある建物。

所蔵品

外部リンク

 唐草図鑑
 Google Maps
 Wikipedia

アッカデミア・カッラーラ Accademia Carrara

所在地
イタリア共和国ロンバルディアベルガモ県ベルガモ
概要

 アッカデミア・カッラーラは、ベルガモにある建物、美術館、美術学校。

所蔵品

別表記

 アカデミア・カラーラ美術館、アッカデーミア・カッラーラ

公式サイト

 Accademia Carrara

外部リンク

 ウィキペディア

ピサ洗礼堂 Battistero di Pisa

所在地
イタリア共和国トスカーナピサ県ピサ
概要

 ピサ洗礼堂は、ピサにある建物。

所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

エステ図書館 Biblioteca Estense

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャモデナ県モデナ
概要

 エステ図書館は、モデナにある建物。

所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

トリノ国立大学図書館 Biblioteca Nazionale Universitaria di Torino

所在地
イタリア共和国ピエモンテトリノ県トリノ
概要

 トリノ国立大学図書館は、トリノにある建物。

所蔵品

公式サイト

 Biblioteca Nazionale Universitaria di Torino

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

国立ヴィットーリオ・エマヌエレ3世図書館 Biblioteca Nazionale Vittorio Emanuele III

所在地
イタリア共和国カンパーニアナポリ県ナポリ
概要

 国立ヴィットーリオ・エマヌエレ3世図書館は、ナポリにある建物。

所蔵品

公式サイト

 Biblioteca Nazionale di Napoli

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

ピサのカンポサント Camposanto Monumentale

所在地
イタリア共和国トスカーナピサ県ピサ
概要

 ピサのカンポサントは、ピサにある建物。

所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

ブォナッロティ邸 Casa Buonarroti

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
概要

 ブォナッロティ邸は、フィレンツェにある建物。
 ミケランジェロが、甥レオナルド・ブォナッロティと共に、1516年から1525年にかけてここに居住していた。
 その後子孫たちが建物を建て直し、ミケランジェロのデッサンや模型などを収集して1859年に博物館として開館した。

所蔵品

公式サイト

 Casa Buonarroti

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

カーサ・ロメイ Casa Romei

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフェッラーラ県フェッラーラ
概要

 カーサ・ロメイは、フェッラーラにある建物。
 ルクレツィア・ボルジアアルフォンソ1世・デステの息子エルコーレ2世・デステの妻ルネ・ド・フランスの宮殿の前にカーサ・ロメイはある。
 こじんまりとした回廊に囲まれた中庭が有名。2階にエステ家の鷲の紋章が見られる。巫女(シビラ)の間がルクレツィア・ボルジアのおこもり場所だったらしい。

別表記

 ロメイ家の館

外部リンク

 イタリア旅行情報サイト
 Google Maps
 senza dedica
 Wikipedia

フェッラーラ大聖堂 La Cattedrale di Ferrara

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフェッラーラ県フェッラーラ

概要

 フェッラーラ大聖堂は、フェッラーラの中心にある、上部がゴシック様式、下部がロマネスク様式で建設された建物。
 聖ゲオルギウスの聖遺物がもたらされ、これを奉じた大聖堂であり、1135年頃建立される。
 大理石によって表面が覆われ、開廊の中央上部には「最後の審判」の見事な彫刻が施されている。そして、トレント・トリエステ広場に面した大聖堂の右側には、レオン・バッティスタ・アルベルティの作品と思われる、ルネサンス様式の鐘楼が聳え立つ。

所蔵品 付属美術館

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

パヴィア修道院 Certosa di Pavia

所在地
イタリア共和国ロンバルディアパヴィア県チェルトーザ・ディ・パヴィア
概要

 パヴィア修道院は、チェルトーザ・ディ・パヴィアにある建物。

所蔵品

被葬者

 イザベッラ・ディ・ヴァロワ
 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ

別表記

 チェルトーザ・ディ・パヴィア

外部リンク

 欧羅巴の旅
 Google Maps
 Wikipedia

コルティーレ・ドゥカーレ Il Cortile Ducale

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフェッラーラ県フェッラーラ
概要

 コルティーレ・ドゥカーレは、フェッラーラにある建物。


備考

 アーチ状の入り口の左右の柱の上に、ニッコロ3世・デステボルソ・デステの像があるが、元の像は1796年に破壊されている。

所蔵品

別表記

 市役所、パラッツォ・デル・コルテ、Palazzo MunicipalePalazzo del Cortile

外部リンク

 Comune di Ferrara
 Google Maps
 Wikipedia

コルプス・ドミニ修道院 Monastero del Corpus Domini

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフェッラーラ県フェッラーラ
概要

 コルプス・ドミニ修道院は、フェッラーラにある建物。エステ家の墓所がある。1406年に発足し、1407年から建設が開始され、1419年完成。その後も増築された。火災で焼失し、再建されたが、縮小された。

聖歌隊の部屋 Sala del Coro

 エステ家の納骨堂。礼拝堂の祭壇と背中合わせになっていて、祭壇の裏が納骨堂の正面になる。


エステ家の墓 Tombe casata degli Estensi

 ニッコロ3世・デステレオネッロ・デステリッチャルダ・デル・ヴァストエルコーレ1世・デステシジスモンド・デステフェッランテ・デステジューリオ・デステの墓石。フェッラーラのサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会がなくなったので遺骸がここに移設された。

エステ家の墓 Tombe casata degli Estensi

 エレオノーラ・ダラゴーナルクレツィア・ボルジアアルフォンソ1世・デステの墓石。

エルコーレ2世・デステの墓

ルクレツィア・デ・メディチの墓

エレオノーラ・デステの墓

被葬者

 ニッコロ3世・デステ
 レオネッロ・デステ
 リッチャルダ・デル・ヴァスト
 エレオノーラ・ダラゴーナ
 エルコーレ1世・デステ
 シジスモンド・デステ
 ルクレツィア・ボルジア
 アルフォンソ1世・デステ
 フェッランテ・デステ
 エルコーレ2世・デステ
 ジューリオ・デステ
 ルクレツィア・デ・メディチ
 エレオノーラ・デステ
 アルフォンソ2世・デステ

外部リンク

 Google Maps
 Wikimedia Commons
 Wikipedia

サン・パオロ修道院 Monastero di San Paolo

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャパルマ県パルマ
概要

 サン・パオロ修道院は、パルマにある建物。

所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

サン・ジャコモ病院 Ospedale San Giacomo

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
カンポ・マルツィオ
設立
1339年
閉鎖
2008年10月
概要

 サン・ジャコモ病院は、ローマにある建物。
 フアン・ボルジアの行方捜索で、1497年6月15日に死体遺棄を目撃したという証人が現れる。そのジョルジョという名の船頭によれば、サン・ジャコモ病院付近からテヴェレ川に死体が投げ込まれたという。そしてテヴェレ川からフアン・ボルジアの死体が発見されるのだが、この病院は発見現場よりも川下であるため、ジョルジョの証言は教皇の息子の暗殺とは何ら関係がなかったことが分かる。

別表記

 聖ジャコモ病院、聖ジャコモ教会、スキャボーニ、スキアヴォーニ病院、Hospital of Saint James

外部リンク

 チェーザレ・ボルジアとその周辺
 ボルジア解体新書
 Google Maps
 Wikipedia

参考文献

 『The Life of Cesare Borgia

ヌオーヴァ門 Porta Nuova

所在地
イタリア共和国ロンバルディアミラノ県ミラノ
概要

 ヌオーヴァ門は、ミラノにある門。

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

ペルトゥーザ門 Porta Pertusa

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
概要

 ペルトゥーザ門は、ローマにある門。

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

参考文献

 『The Life of Cesare Borgia

ボルジア階段 Salita dei Borgia

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
モンティ
概要

 ボルジア階段は、ローマにある階段。

外部リンク

 チェーザレ・ボルジアとその周辺
 ボルジア解体新書
 Awakr e il Cammino
 Pro Loco di Roma
 Roma, in particolare
 Specchio Romano.it
 the borgias ITALIA
 Laboratorio Roma
 Finnegan's Irish Bar
 Zazzle
 flickriver
 Google Maps
 Laboratorio Roma
 Leggende Romane
 Roma Sparita

ヴィッラ・ファルネジーナ Villa Farnesina

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
トラステヴェレ
概要

 ヴィッラ・ファルネジーナは、ローマにある建物。

別表記

 ファルネジーナ宮、ファルネジーナ荘、ファルネジーナの別荘、パラッツォ・デラ・ファルネジーナ、パラッツォ・ファルネーゼ

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

カファッジョーロのメディチ家別荘 Villa Medicea di Cafaggiolo

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県バルベリーノ・ディ・ムジェッロ
概要

 カファッジョーロのメディチ家別荘は、バルベリーノ・ディ・ムジェッロにある建物。

別表記

 カッファジャーロの別荘、カファジュオーロ

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

テンピオ・マラスティアーノ Tempio Malatestiano

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャリーミニ県リーミニ
概要

 テンピオ・マラスティアーノは、リーミニにある建物。



Cappella degli Antenati


所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 Panoramio
 Wikipedia

カレッジのメディチ家別荘 Villa Medicea di Careggi

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
地区
カレッジ
概要

 カレッジのメディチ家別荘は、フィレンツェカレッジにある建物。












外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

フォンダコ・デイ・トゥルキ Fondaco dei Turchi

所在地
イタリア共和国ヴェネトヴェネツィア県ヴェネツィア
建設
1225年頃
施主
ヤコポ・パルミエーリ

概要

 フォンダコ・デイ・トゥルキは、ヴェネツィアにある建物。ヤコポ・パルミエーリの依頼により1225年頃に建てられた。1381年に、ヴェネツィア共和国元老院は、ジェノヴァ共和国と戦ったキオッジャの戦いにおける支援の報謝として、ニッコロ2世・デステに贈与する目的で所有者になった。しかし、海洋国家間の政治的力関係に応じて何度か取得と没収を繰り返されたため、建物のエステ家による所有は断続的であった。
 当時の調度品などは残されておらず、現在は自然史博物館になっている。

別表記

 Fontego dei Turchi

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

リアルト橋 Ponte di Rialto

所在地
イタリア共和国ヴェネトヴェネツィア県ヴェネツィア
概要

 リアルト橋は、ヴェネツィアのカナル・グランデに架かる4本の橋の1本。

外部リンク

 Google Maps
 ウィキペディア

ダンテの家 Casa di Dante

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
概要

 ダンテの家は、フィレンツェにある建物。ダンテ・アリギエーリのゆかりの品々を展示する博物館で、生家ではない。

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

トラットリア・デル・ペンネッロ Trattoria del Pennello

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
概要

 トラットリア・デル・ペンネッロは、フィレンツェダンテの家の近くにある建物、レストラン。フィレンツェから追放処分後に破壊されて建物は現存していないが、ここがダンテ・アリギエーリ誕生の地であると言われている。

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

捨て子養育院 Spedale degli Innocenti

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
設計
フィリッポ・ブルネッレスキ
建設
1419年
概要

 捨て子養育院は、フィレンツェのサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場に面する回廊を持った建物。中の回廊は静かな空間で、柱の上にアンドレア・デッラ・ロッビアによる彩色陶板でできた子供のメダイオンが飾られている。隅には子供を捨てるための受付台があり、今もその跡が残っている。

受胎告知

作者
アンドレア・デッラ・ロッビア
制作
1490年頃
媒体
彩色陶板

美術館


 捨て子養育院の建物の中には小さな美術館がある。捨て子の衣装につけられていたリボンや半分に割ったメダルなども展示されている。やむを得ず我が子を捨てることになった母親が、将来再会する時の目印として捨て子たちにつけたものである。

所蔵品

別表記

 捨子養育院、孤児養育院

外部リンク

 Wikipedia

宿屋ヴァッカ Albergo della Vacca

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
レーゴラ

概要

 宿屋ヴァッカは、ローマカンポ・デ・フィオーリの西端、ガッロ小路に面し、カッペッラーリ通りの角にある建物。ヴァッカとは牡牛という意味で、ロドリゴ・ボルジア枢機卿の愛人ヴァノッツァ・デイ・カッタネイが経営する宿屋だった。今では1階にフォルノというパン屋が入っているようである。

紋章

 ガッロ小路側の建物の正面には紋章が残っている。
 紋章は4つに区切られている。左上の牡牛と右下の横帯はボルジア家の紋章。右上と左下で、片方の後ろ足で立ち上がり前足を揃えず前に出す獅子はヴァノッツァ・デイ・カッタネイの、獅子の半身とコンパスは夫のカルロ・カナーレのものである。
 ロドリゴ・ボルジア枢機卿の後ろ盾があることを誇示するために、カルロ・カナーレが好んで作らせたのだとか。

別表記

 Locanda del Gallo

外部リンク

 チェーザレ・ボルジアとその周辺
 Google Maps
 Wikipedia

サン・メルクリアーレ修道院 Abbazia di San Mercuriale

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフォルリ・チェゼーナ県フォルリ
概要

 サン・メルクリアーレ修道院は、フォルリにある建物。

バルダッサーレ・カッラーリ作 聖母の戴冠 1512年

所蔵品

外部リンク

 Wikipedia

ヴァザーリの通廊 Corridoio Vasariano

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
設計
ジョルジョ・ヴァザーリ
概要

 ヴァザーリの通廊は、フィレンツェにある建物。
 コジモ1世・デ・メディチヴェッキオ宮殿ウフィッツィ宮殿ピッティ宮殿を繋ぐために、ジョルジョ・ヴァザーリに作らせたもの。1565年の春から秋までのたった5ヶ月で完成。1565年12月に行われるフランチェスコ1世・デ・メディチジョヴァンナ・ダズブルゴとの結婚式に間に合うように計画された。この空中回廊は、君主の政治を執り行う場所とその住居とを、安全に往来できるように作られた。さらに橋の上に店を出していた肉屋、八百屋、魚屋などを、現在のレプッブリカ広場にあった、メルカート・ヴェッキオへ移転させ、金銀細工の商店街にしたのもこの時。全長約1キロメートル。

所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 The Museums of Florence
 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家』
 『ルネサンス宮廷大全』

スキアヴォーニア門 Porta Schiavonia

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフォルリ・チェゼーナ県フォルリ
概要

 スキアヴォーニア門は、フォルリにある建物。モントーネ川を交差するエミリア通りに沿って、市の北入口に位置する。現存する門は1743年に再建されたものであるが、塔の跡が隣接している。フォルリの城郭にはかつてピエトロ門、ラヴァルディーノ門、コトーニ門が存在していたが、スキアヴォーニア門だけが唯一残った。



外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

フォルリ市の塔 Torre civica di Forlì

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフォルリ・チェゼーナ県フォルリ
概要

 フォルリ市の塔は、フォルリにある建物。ローマ時代にモントーネ川の土手に建っていた跡地にあり、基礎部分にはローマ時代やそれ以降のものが残存している。塔は時を経るにつれてだんだんと増築され、9~10世紀頃にはフォルリの象徴的建造物となる。時計は14世紀に付けられたことが複数の資料によって証明されている。
 塔の機能はそれ故、時代を下るにつれて変化している。監視塔かつ防塁から、時計塔、緊急事態を知らせる鐘楼であり、牢獄でもあった。中世年代記によればこの塔の姿は恐怖を呼び起こしたという。実際、表向きには時計塔としての役割を担っていたわけだが、斬首された首を吊られることが度々あり、それは町の隅からでも視認された。
 1466年にフランチェスコ4世・オルデラッフィが地下牢に投獄されて、ここで死亡している。1495年にジャナントーニオ・ゲッティらヤコポ・フェオの暗殺者たちの胴体は都市城壁の外に吊られ、塔には首が吊られ、この首は1497年2月17日まで嵐で落下してしまうまで放置されていた。

1818年

 1818年のアンドレア・ゾーリによる設計図。右が以前の姿。

1944年

 1944年11月9日、ナチスによって破壊される。現在の塔は1975年から1976年に建設されたものである。

外部リンク

 Wikipedia

ヴァレンシア大聖堂 Catedral de València

所在地
スペイン王国ヴァレンシア州ヴァレンシア県ヴァレンシア
概要

 ヴァレンシア大聖堂は、ヴァレンシアにある建物。

使徒の門 Porta dels Apòstols


ヴァレンシア王、ボルハ家サンテーリャス家の紋章


ヴァレンシア王の紋章、ハイメ1世時代のヴァレンシア

鉄の門 Porta dels Ferros



アルフォンソ・デ・ボルハ、正義、慈愛


ロデリク・デ・ボルハ、力、希望

聖フランシスコ・デ・ボルハの礼拝堂 Capella de sant Francesc de Borja






ゴヤ
聖フランシスコ・デ・ボルハと悔悛しない死にゆく男


ゴヤ
家族に別れを告げる聖フランシスコ・デ・ボルハ

所蔵品

別表記

 バレンシア大聖堂

公式サイト

 La Catedral del Santo Cáliz

外部リンク

 ウィキペディア
 チェーザレ・ボルジアとその周辺

ミラノ大聖堂 Duomo di Milano

所在地
イタリア共和国ロンバルディアミラノ県ミラノ
概要

 ミラノ大聖堂は、ミラノにある建物。


別表記

 ミラノのドゥオーモ

外部リンク

 Google Maps
 ウィキペディア

パヴィア大聖堂 Duomo di Pavia

所在地
イタリア共和国ロンバルディアパヴィア県パヴィア
建設
1488年~1933年
施主
アスカーニオ・マリーア・スフォルツァ
概要

 パヴィア大聖堂は、パヴィアにある建物。元々2つの教会があったが、改築されて現在のパヴィア大聖堂となる。1487年にクリストフォロ・ロッキとジャナントーニオ・アマーデオが設計。1488年6月29日にアスカーニオ・マリーア・スフォルツァ枢機卿が起工。1488年12月ブラマンテとジャンヤコポ・ドルチェブオーノが到着。技術指導に呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチフランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニが1490年6月到着。1497年2月8日にクリストフォロ・ロッキが亡くなると、ジャナントーニオ・アマーデオとジャンヤコポ・ドルチェブオーノが監督となる。1497年ブラマンテが現在の形である第2案を設計し、ジャンピエトロ・フガッツァが1497~1501年に制作した木製の模型がパヴィアのヴィスコンティ城に保存されている。


 現存していないものの「パヴィア大聖堂の模型」はこれ以前に少なくとも4点あり、基礎のために地面を掘っている最中の1488年8月22日の記録にはクリストフォロ・ロッキが制作したことが記載されている。1488年12月23日の記録には設計図と模型がブラマンテとジャンヤコポ・ドルチェブオーノの到着と関連付けられて記載されている。右翼と細部装飾はクリストフォロ・ロッキが設計したと言われているが、誰がどの部分を担ったかについてはっきりとは分かっていない。

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

チェゼーナ大聖堂 Duomo di Cesena

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフォルリ・チェゼーナ県チェゼーナ
別表記

 chiesa di san Giovanni Evangelista

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

プラート大聖堂 Duomo di Prato

所在地
イタリア共和国トスカーナプラート県プラート
概要

 プラート大聖堂は、プラートにある建物。

所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

シエナ大聖堂 Duomo di Siena

所在地
イタリア共和国トスカーナシエナ県シエナ
概要

 シエナ大聖堂は、シエナにある建物。

所蔵品

外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps

ピサ大聖堂 Duomo di Pisa

所在地
イタリア共和国トスカーナピサ県ピサ
概要

 ピサ大聖堂は、ピサにある建物。








外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

アーヘン大聖堂 Aachener Dom

所在地
ドイツ連邦共和国ノルトライン・ウェストファーレン州アーヘン
概要

 アーヘン大聖堂は、ドイツのアーヘンにある建物。786年にシャルルマーニュが建設開始。

所蔵品

被葬者

 シャルルマーニュ

別表記

 エクス・ラ・シャペル大聖堂

外部リンク

 ウィキペディア
 藤川哲の授業用サイト
 Wikipedia - Aachen Cathedral Treasury

シエナ国立絵画館 La Pinacoteca Nazionale di Siena

所在地
イタリア共和国トスカーナシエナ県シエナ
概要

 シエナ国立絵画館は、シエナにある建物。

別表記

 Palazzo Bichi-Tegliacci

公式サイト

 Pinacoteca Nazionale di Siena

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

アンブロジアーナ絵画館 Pinacoteca Ambrosiana

所在地
イタリア共和国ロンバルディアミラノ県ミラノ
概要

 アンブロジアーナ絵画館は、ミラノにある建物。1618年にフェデリーコ・ボッロメオ枢機卿によって設立。ルクレツィア・ボルジアの髪と手紙(イタリア語7通、スペイン語2通)を所蔵。

所蔵品

公式サイト

 Veneranda Biblioteca Ambrosiana

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

フォルリ市立絵画館 Pinacoteca Civica di Forlì

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャフォルリ・チェゼーナ県フォルリ
概要

 フォルリ市立絵画館は、フォルリにある建物。

所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

ファエンツァ絵画館 Pinacoteca Comunale di Faenza

所在地
イタリア共和国エミリア・ロマーニャラヴェンナ県ファエンツァ
概要

 ファエンツァ絵画館は、ファエンツァにある建物。

所蔵品

公式サイト

 Pinacoteca Comunale di Faenza

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

ブレラ絵画館 Pinacoteca di Brera

所在地
イタリア共和国ロンバルディアミラノ県ミラノ
概要

 ブレラ絵画館は、ミラノにある建物。

所蔵品

公式サイト

 Pinacoteca di Brera

外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps

ランツィの開廊 Loggia dei Lanzi

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
設計
ヤコポ・ディ・チョーネ
建築
ベンチ・ディ・チョーネ、フランチェスコ・タレンティ
建設
1376年~1382年
概要

 ランツィの開廊は、フィレンツェにある建物。
 ランツィとは16世紀、フィレンツェが君主国となった時、ランツィケネッキ(ランツクネヒト)と呼ばれる衛兵が駐屯したことから。

記念碑

 ランツィの開廊の向かって右の壁には、2枚の記念碑がある。1つはイタリア統一運動での犠牲者を追悼するもの。もう1つは1749年にフィレンツェ歴が廃止されたことを記念したもの。


 1750年から、フィレンツェの正月は1月1日になった。それまでは聖母の受胎告知の日3月25日が年初であった。これと同時に、日没を0時と定めていたイタリア時間も廃止され、1日は午前0時から始まることになった。

壁掛け

 ランツィの開廊の後ろの壁に小さな釘のようなものが、ある高さを保って線状に付いている。これは昔、大きな壁掛けを引っ掛けた跡である。
 この時代は定かではないが、ルネサンスの昔からフランドルの技術を使った綴れ織りは珍重されて、大きな式典が行なわれる時には、壁の臨時装飾に使われた。壁掛けの画稿は、ラッファエッロアニョーロ・ブロンズィーノポントルモなどの優秀な画家が起用された。

芸術作品

所蔵品

別表記

 ロッジア・デイ・ランツィ、ロッジャ・ディ・ランツィ

外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps

記載日

 2006年2月20日

更新日

 2021年2月25日