——Astorre III Manfredi——
アストッレ3世・マンフレディ
生没年:1485年6月20日〜1502年6月2日
出身:ファエンツァ
没地:ローマ
在位:ファエンツァの君主 1488年〜1501年
    先代:ガレオット・マンフレディ
    次代:チェーザレ・ボルジア
父:ガレオット・マンフレディ
母:フランチェスカ・ベンティヴォーリオ
妻:ビアンカ・リアリオ
記載日:2006年10月07日以前

年表
 1485年6月20日 ファエンツァにて、生(1485年1月19日)。
 1488年5月31日 ファエンツァの君主ガレオット・マンフレディは、妻フランチェスカ・ベンティヴォーリオの主導により謀殺される。フランチェスカ・ベンティヴォーリオの父、ボローニャの君主ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオは、フランチェスカ・ベンティヴォーリオを支援しファエンツァを支配しようと急ぎファエンツァに入る。
            しかしファエンツァの民衆は、ガレオット・マンフレディの幼子アストッレ3世・マンフレディを擁してフィレンツェに支援を求め、間もなくフィレンツェ軍がファエンツァを制圧。ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオフランチェスカ・ベンティヴォーリオ父娘はボローニャに逃げ、ファエンツァを事実上、配下に入れたフィレンツェは自領の境界を固める。

 1494年 ビアンカ・リアリオと結婚。

 1499年12月 妻ビアンカ・リアリオの母親はカテリーナ・スフォルツァだが、クリストフォロ・モーロを通じてヴェネツィア共和国からの保護を確保した上で、フォルリに向かうチェーザレ・ボルジア軍を歓迎。

 1500年1月31日 手紙をしたためる。「Queste povere città Forlì ed Imola sono rimaste sbattute e percosse; tuttavia quando repensano essere usciti di tanta servitù remangono consolati
 1500年8月8日 アレクサンデル6世により、破門される。

 1501年4月26日 ファエンツァ、降伏(1501年4月25日)。夜、チェーザレ・ボルジアと会見。
            自ら進んでチェーザレ・ボルジアの軍将としてその指揮下に入る。
 1501年6月 チェーザレ・ボルジアに従い、ローマ到着。
 1501年 チェーザレ・ボルジアにより、ローマサンタンジェロ城に投獄される。

 1502年6月2日 暗殺される。
 1502年6月9日(木) テヴェレ川で絞殺死体が発見される。15歳くらいと25歳くらいの若者が腕で縛られ、1人の女性とその他の人々の死体も発見される。

別表記
 シニョーレ・アストッルレ・ディ・ファエンツァ、アストッレ・マンフレーディ、アストール・マンフレディ、アストーレ3世、Astorgio III Manfredi

外部リンク
 De Re Militari
 Treccani
 Wikipedia

参考文献
 『イタリア史』
 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『フィレンツェ史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
マンフレディ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで