Αταλάντη

アタランテ

父:イアソス
子:パルテノパイオス

概要

 アルカディア王イアソスの娘。父王は息子を欲していたために生れ落ちてすぐ山に捨てられたが,雌熊によって乳を与えられて保護される。この熊は狩猟の女神アルテミスの化身だったとも言われ,事実アタランテはアルテミスの養い子に相応しい弓の腕と誰にも劣らぬ俊足を備えて美しく成長した。
 この頃,有名なカリュドンの怪物猪が現れ,アタランテはカストルとポリュデウケス、テセウスイアソンなどの名だたる英雄たちに交じってこの猪狩りに参加,メレアグロスと共にこれを倒した。しかしメレアグロスはこれが原因で不幸な死を遂げる。
 またアキレウスの父親ペレウスに格闘技試合で勝つなど,勇名を馳せた。
 その後両親に再会し,結婚を勧められたが,メレアグロスの悲惨な最期のこともあってか,彼女はこれに合意しなかった。それでも後を絶たない求婚者たちを退けるため,アタランテは求婚者たちに,彼女自身との徒競走を条件付ける。アタランテが負ければ結婚するが,求婚者が負ければ死ななければならないという過酷なものであったが,それにもかかわらず多くの若者がこれに挑み,そして空しく命を落としていった。最後にヒッポメネスという青年が現れたが,彼は自分だけの力で勝とうとはせず,アプロディテに祈りをささげて守護を求めた。女神は応じて彼に3個の黄金の林檎を贈り,ヒッポメネスはこれを懐にして勝負に挑んだ。アタランテが俊足を飛ばして彼を追い抜こうとするたび,ヒッポメネスは黄金の林檎を転がし,アタランテがこれに気を取られて拾っている隙に勝利をものにした。
 だがこの若夫婦は,アプロディテのおかげで結ばれたのにもかかわらず,女神に礼をするのを忘れてしまった。女神はこれを憤り,2人が太母神キュベレに無礼をなすように仕向けた。キュベレはこの2人を獅子に変じて自らの戦車を引かせたという。

別表記

 アタランテー、Atalanta

外部リンク

 ウィキペディア
 クリプト

記載日

 2008年1月23日
ギリシア・ローマ神話
その他
そこそこアレな感じで