Ατόλυκος

アウトリュコス

父:ヘルメス
母:キオネ
妻:アムピテア
子:アンティクレイア
  ポリュメデ

概要

 アウトリュコスは、ギリシア神話に登場する男性。
 ヘルメスとキオネの息子。アポロンとキオネの息子であるピラムモンとは兄弟。アムピテアと結婚し、アンティクレイアという娘をもうける。
 アウトリュコスは嘘と盗みの達人で、ヘルメスを信奉し、盗んだ物の姿や形を変える能力を授けられる。
 エウリュトスの牝馬であり、シシュポスの家畜であるアミュントルの武器庫に入り様々な物を盗んだ。ヘラクレスが犯人とされるも、シシュポスには徹底的に疑われ、ついに罪を白状。その償いに、アウトリュコスは娘のアンティクレイアを一晩シシュポスに差し出さなければならなかった。
 アンティクレイアはラエルテスと結婚するのだが、産まれてきた子供はシシュポスの子ではないかと疑われた。アウトリュコスは、その孫にオデュッセウスと名付けた。「憎しみの犠牲」という意味である。

名の意味

 狼そのもの

別表記

 Autolykos

外部リンク

 ウィキペディア

記載日

 2009年4月9日
ギリシア・ローマ神話
その他
そこそこアレな感じで