——Bartolomeo Colleoni——
バルトロメオ・コッレオーニ
生没年:1400年〜1475年
記載日:2005年5月29日以前

概要
 バルトロメオ・コッレオーニはイタリアの傭兵隊長。主にヴェネツィア共和国に仕えていた。

年表
 1447年10月半ば アスティを根拠地としてアレッサンドリアを攻撃するなどミラノ領侵攻を本格化させるオルレアン公シャルル1世・ド・ヴァロワ軍、シャルル7世軍を、指揮下のミラノアンブロジアーナ共和国軍が破る。

 1448年、カラヴァッジョでフランチェスコ1世・スフォルツァに敗退。

 1457年、ヴェネツィア共和国にヴェネツィア軍総司令官として雇われる。確定期間は3年、予定期間は2年。

 1466年 フィレンツェの被追放者たちは、ヴェネツィアに結集。1434年の被追放者とも結び、ヴェネツィアに反フィレンツェ軍事行動を強く勧奨し続ける。
       ヴェネツィアは、自軍の指揮官バルトロメオ・コッレオーニを解任してフィレンツェの被追放者たちに与え、その下での軍の結集、強化を支援。

 1467年1月4日 1467年1月4日の同盟
 1467年5月10日 指揮下のフィレンツェ被追放者軍、エルコーレ1世・デステ及びアレッサンドロ・スフォルツァらの軍も加え、この日ポー河を越えてフィレンツェ攻撃に向かう。アニョロ・アッチャイウオリディエティサルヴィ・ネローニルカ・ピッティの陰謀の首謀者たちもこれに従う。
 1467年7月23日 指揮下のフィレンツェ被追放者軍とフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ指揮のフィレンツェ・フェッランテ・ダラゴーナガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ同盟軍は、イーモラ領モリネッラの近郊で激戦を交わすが決着せず。以後、両軍の戦闘、断続的に続く(1467年〜1468年)。

肖像
 コッレオーニ騎馬像

別表記
 バルトロメーオ・ダ・ベルゴモ、コレオーニ、ディ・バルトロメーオ・コレオーニ、コレオニ、バルトロメーオ・コリオーネ・ディ・ベルガモ、Coglione

外部リンク
 ウィキペディア
 Condottieri di ventura
 Treccani

参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『フィレンツェ史』
 『マキアヴェリ』
 『メディチ家』
 『傭兵の二千年史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンス百科事典』
 『ルネッサンス夜話』
傭兵隊長
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで