——Bernabò Visconti——
ベルナボ・ヴィスコンティ
生没年:1323年〜1385年12月15日
在位:ミラノの君主 1354年〜1385年
    先代:ジョヴァンニ・ディ・マッテオ・ヴィスコンティ
    次代:ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ
父:ステファノ・ヴィスコンティ
妻:ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
女:モンタニーナ・デ・ラッツァーリ
子:タッデア・ヴィスコンティ
  ヴェルデ・ヴィスコンティ
  ルチア・ヴィスコンティ
  カルロ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ
  ルドヴィーコ・ヴィスコンティ
  カテリーナ・ヴィスコンティ
  マッダレーナ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ
  アニェーゼ・ヴィスコンティ
  マルコ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ
  アントーニア・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ
  ジャンマスティーノ・ヴィスコンティ
  エリザベッタ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ
  ヴァレンティーナ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ
  アングレシア・ヴィスコンティ
  ナグレリア・ヴィスコンティ
  アンブロジオ・ヴィスコンティ
  エストーレ・ヴィスコンティ
  イゾッタ・ヴィスコンティ
  サグラモロ・ヴィスコンティ
  ドニーナ・ヴィスコンティ
  ベルナルダ・ヴィスコンティ
  パラメド・ヴィスコンティ
  ランチェッロット・ヴィスコンティ
  ジネヴラ・ヴィスコンティ
  ソヴラナ・ヴィスコンティ
  エリザベッタ・ヴィスコンティ
  リッチャルダ・ヴィスコンティ
  エンリカ・ヴィスコンティ
  ヴァレンティア・ヴィスコンティ
  ルドルフォ・ヴィスコンティ
  ダミジェラ・ヴィスコンティ
  ヴィジィナ・ヴィスコンティ
  エットーレ・ヴィスコンティ
  ガレオット・ヴィスコンティ
  ドンニーナ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ
記載日:2005年5月29日以前

性格
 残忍、残虐、奇行。政治家としては有能、注意深い。

年表
 1350年9月27日、ヴェローナにてベアトリーチェ・デッラ・スカーラと結婚。
 1354年、ジョヴァンニ・ディ・マッテオ・ヴィスコンティの没後、二人の兄マッテオ2世・ヴィスコンティガレアッツォ2世・ヴィスコンティと共にミラノの君主の座を受け継ぐ。
 1355年、マッテオ2世・ヴィスコンティの没後、ガレアッツォ2世・ヴィスコンティとミラノを共同統治。
 1378年、ガレアッツォ2世・ヴィスコンティの没後、ミラノを単独統治。
 1385年12月、甥のジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティに捕らえられ、毒殺される。ミラノの政権は甥の手へ渡る。

チェーザレ・ボルジア
 子ルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記
 ベルナボ・ダ・ミラーノ卿、バルナボ、ベルナボー、Bernabo Visconti

外部リンク
 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Find A Grave
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』
ヴィスコンティ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで