——Bernardo Dovizi da Bibbiena——
ベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナ
生没年:1470年8月2日〜1520年11月9日
在位:枢機卿 1513年9月23日〜1520年11月9日
       任命した教皇:レオ10世
記載日:2006年10月27日以前

年表
 1470年8月4日 著作家、外交官、枢機卿ベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナ、アレッツォ近郊ビッビエーナに生(1470年〜1520年:枢機卿在位1513年〜)。
 1513年9月23日 レオ10世、従弟ジューリオ・デ・メディチ及び甥インノチェンツォ・チーボ(1491年〜1550年:枢機卿在位1513年〜1550年)、同族ロレンツォ・プッチ、自分の秘書でかつての家庭教師ベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナの3名を新たに枢機卿に任命。
 1518年4月半ば レオ10世、対オスマン・トルコ十字軍結成を訴えるべく、自分が取り立てた枢機卿たちベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナエジーディオ・ダ・ヴィテルボをそれぞれ、1518年4月13日フランソワ1世のもとへ、1518年4月16日カルロス1世のもとへ特使として派遣。
 1518年12月 フランソワ1世レオ10世の特使ベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナを介して交渉を進め、自己の利益を引き出し確保しつつレオ10世との協調を深める。
 1513年2月6日 ベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナCalandria(カランドゥリア)、ウルビーノの宮廷で上演。(以後、1514年〜1515年ローマで、1521年〜1522年ヴェネツィアで、1532年マントヴァで上演。1521年シエナで刊)。
 1520年11月9日 ベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナ、ローマで死。
 1533年 ニッコロ・マキャヴェリLa Mandragola、恐らくフィレンツェBernardo di Giunta書房よりベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナの喜劇Calandriaと合わせて一冊本で刊。
 1554年 ニッコロ・マキャヴェリLa Mandragola、1531年Nicolò d'Aristotile版を底本として、ベルナルド・ドヴィツィ・ダ・ビッビエーナの喜劇Calandriaと合わせて一冊本で、Girolamo Ruscelliの校訂を経てヴェネツィアPlinio Pietrasanta書房より刊。

肖像
 ビッビエーナ枢機卿の肖像

別表記
 ビビエーナ、Il Bibbiena

外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia

参考文献
 『イタリア史X』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『カトリーヌ・ド・メディシス』
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
枢機卿
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで