——Bianca Maria Sforza——
ビアンカ・マリーア・スフォルツァ
生没年:1472年4月5日〜1510年12月31日
出身:パヴィア
没地:インスブルック
父:ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ
母:ボーナ・ディ・サヴォイア
夫:フィリベルト1世・ディ・サヴォイア
  マクシミリアン1世
記載日:2005年5月29日以前

年表
 1493年12月1日 マクシミリアン1世は、ミラノで前ミラノ公ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァの娘ビアンカ・マリーア・スフォルツァ(1472年〜1510年)と結婚式を挙げる。
            この結婚の成立に尽力したルドヴィーコ・イル・モーロは、マクシミリアン1世との関係を緊密化し、ミラノ公位簒奪の企図を強める。

外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Find A Grave
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani

参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『傭兵の二千年史』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Lucretia Borgia
スフォルツァ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで