——Bianca Maria Visconti——
ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ
生没年:1425年3月31日〜1468年10月28日
父:フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ
母:アニェーゼ・デル・マイーノ
夫:フランチェスコ1世・スフォルツァ
子:ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ
  イッポーリタ・スフォルツァ
  フィリッポ・マリーア・スフォルツァ
  スフォルツァ・マリーア・スフォルツァ
  ルドヴィーコ・イル・モーロ
  アスカーニオ・マリーア・スフォルツァ
  オッタヴィアーノ・マリーア・スフォルツァ
記載日:2005年5月29日以前

年表
 1425年3月31日 誕生。
 1432年2月23日 フランチェスコ1世・スフォルツァとの婚約が決まる。
 1441年10月25日 フランチェスコ1世・スフォルツァと結婚。
 1450年3月25日 フランチェスコ1世・スフォルツァ、妻ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ、子ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ(1444年〜1476年:ミラノ公在位1466年〜1476年)及び弟、ペーザロの君主アレッサンドロ・スフォルツァ(1409年〜1473年:在位1445年〜1473年)を伴い、改めてミラノに入城。市民の大歓声の中、正式にミラノ公位に就く(在位〜1466年)。
            この就任式典に、フランチェスコ1世・スフォルツァを支援してきたフィレンツェを初め、ヴェネツィアとアルフォンソ5世・ダラゴーナを除くイタリアの主な都市、君侯の祝賀使節が参列。
            ヴェネツィア・フィレンツェ同盟、事実上、破れ(1425年〜)、両国は同盟関係の全面的転換を図る。
 1468年10月28日 没。

肖像
 ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティの肖像

チェーザレ・ボルジア
 父フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ→きょうだいヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 父フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ→母カテリーナ・ヴィスコンティ→きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記
 ビアンカ・マリア・ヴィスコンティ

外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 kleio.org
 RootsWeb.com
 Treccani

参考文献
 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンス舞踊紀行』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
ヴィスコンティ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで