Camilla Lucrezia Borgia

カミッラ・ルクレツィア・ボルジア

生没:1502年頃~1573年
出身:フェッラーラ
没地:フェッラーラ
父:チェーザレ・ボルジア
母:ドゥルシッラ

概要

 カミッラ・ルクレツィア・ボルジアは、16世紀のイタリアの女性、チェーザレ・ボルジアの庶子、聖職者。母親はたぶんルクレツィア・ボルジアの侍女ドゥルシッラという名の女性。

年表

1502年頃
フェッラーラにて、生。
15??年
修道女になる。
1509年
認知される。
1510年
ルクレツィア・ボルジアが購入した、フェッラーラのコルソ・デッラ・ジョヴェッカ通りにあるキアラ会のサン・ベルナルディーノ修道院に、コルプス・ドミニ修道院から21人の修道女と共に移る。
1545年~1573年
サン・ベルナルディーノ修道院長となる。
1573年
フェッラーラにて、死。

別表記

 カミッラ・ボルジア、ルクレツィア・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU
 Sunelweb

参考文献

 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2014年4月24日
ボルジア家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで