Carlo Canale

カルロ・カナーレ

妻:ヴァノッツァ・デイ・カッタネイ

概要

 カルロ・カナーレはマントヴァ人、教皇庁内赦院長。

年表

1472年
この頃?、マントヴァの人文主義者たちの間で評判であり、アンジェロ・ポリツィアーノから彼の著作『オルフェオ』についての手紙を受け取っている。1808年ミラノ版『ジュリアーノ殿下の騎馬槍試合の詩』『オルフェオ』には「A Messer Carlo Canale」と記されている。
1483年10月21日
フランチェスコ・ゴンザーガ枢機卿の執事を務めていたが、この日枢機卿が死ぬ。執事であった間に、ロドリゴ・ボルジア枢機卿と面識があった。
ローマに行き、ジョヴァンニ・ヤコポ・スキアッフィナーティ枢機卿に雇用されているが、ゴンザーガ家との繋がりは持ち続ける。
1483年10月27日
ルドヴィーコ・ディ・ルドヴィーコ・ゴンザーガがマントヴァ司教となる。彼の司教昇格に貢献。
1486年6月8日
ヴァノッツァ・デイ・カッタネイとの婚姻契約を結ぶ。ボルジア家の公証人カミッロ・ベネイムベネによって契約書が作成され、教皇秘書及びサン・ピエトロ大聖堂司教座聖堂参事会員フランチェスコ・マッフェイ、市民ロレンツォ・バルベリーニ・デ・カテッリニス、ローマの裕福な商人ジュリアーノ・ガッロ、ブルカルド・バルベリーニ・デ・カルナリス他が証人。持参金は1千フィオリーノと、sollicitator bullarumに任命されること。(1486年6月6日)
1493年
この頃?、アレクサンデル6世により、トッレ・ディ・ノーラの刑務所長に任命される。
1499年12月4日
この日付のイザベッラ・デステからの手紙を受け取る。

外部リンク

 RootsWeb.com

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2006年5月4日以前