Caterina Cibo

カテリーナ・チーボ

生没:1501年9月13日~1557年2月17日
出身:ポンツァーノ
没地:フィレンツェ
父:フランチェスケット・チーボ
母:マッダレーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ
夫:ジョヴァンニ・マリーア・ダ・ヴァラーノ
子:ジューリア・ダ・ヴァラーノ

概要

 カテリーナ・チーボは、16世紀のイタリアの女性。

年表

1534年
この年頃ナポリに移住したJ. de Valdésを中心として教会改革と霊的再生を求める人々の小サークルが結成される。彼の死(1541年)までにジューリア・ゴンザーガ(1513年~1566年)、ヴィットーリア・コロンナカテリーナ・チーボ(1501年~1557年)、Constanza d'Avalos(1500年頃~1575年)ら君侯夫人・未亡人、M. A. Flaminio人文主義者G. SeripandoB. OchinoP. M. VermigliPietro Carnesecchi(1508年~)ら聖職者が集い、イタリアにおける教会改革運動の拠点の観を呈する。後、第三者は新教を信仰し宗教改革運動に従事。

別表記

 Caterina Cybo-Valano

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2011年8月25日