Charles d'Amboise

シャルル・ダンボワーズ

生没:1473年~1511年2月11日

概要

 シャルル・ダンボワーズは、15世紀~16世紀の男性。

年表

1500年4月初旬
ルドヴィーコ・イル・モーロは、スイス人傭兵に戦闘を拒否されて1500年4月5日ノヴァーラの戦いでルイ12世軍に敗れ、1500年4月10日捕らえられる。(その後フランスのロシェに連行され、1508年5月その地で死)。アスカーニオ・マリーア・スフォルツァは逃亡するが程なく捕らえられ、フランスのブールジュに連行、幽閉される。(1502年釈放されローマに帰る)。
ルイ12世軍は、ミラノを奪還。その他のロンバルディアの諸都市も次々にフランスの軍門に下る。
ルイ12世シャルル・ダンボワーズ(1473年~1511年)をミラノ総督に任命。
1502年6月半ば
ルイ12世、リヨンでチェーザレ・ボルジアとその傭兵隊長たちによるフィレンツェへの敵対行動を知り、ミラノ総督シャルル・ダンボワーズに援軍をトスカーナに送るよう指令。
1506年10月20日
ユリウス2世がイーモラに到着。直ちにジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオにボローニャ明け渡しをさらに強く要求。
ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオは、ルイ12世の支援を期待し、防衛態勢を整える。
すでにルイ12世から軍を率いてユリウス2世を支援するよう指令を受けていたミラノ総督シャルル・ダンボワーズは、ユリウス2世の軍(マントヴァ、フェッラーラ、ウルビーノ、フィレンツェなどからの援軍を含む)と反対側からボローニャに迫る。ヴェネツィアはユリウス2世の援軍派遣の要求に応じず、中立を守る。
1506年10月25日
シャルル・ダンボワーズジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオにボローニャ放棄を督促。
1506年11月1/2日
ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオ、ボローニャを逃亡(在位1463年~)。シャルル・ダンボワーズから身の安全を保障されミラノに亡命。1508年、この地で病死(1443年~)。
1508年2月下旬~3月
マクシミリアン1世は、軍と共にヴェネツィア領フリウーリ、Cadoreに侵攻するが、バルトロメオ・ダルヴィアーノ指揮のヴェネツィア軍はこれを撃破し、逆にゴリツィア、トリエステなどハプスブルク家の所領を占領。
ルイ12世は、ミラノ総督シャルル・ダンボワーズに、ヴェネツィアを支持し、ジャン・ヤコポ・トリヴルツィオ指揮の軍を用いてマクシミリアン1世からみらのを防衛せよと指令。
1509年4月15~16日
ミラノに結集したシャルル・ダンボワーズ指揮のルイ12世軍は、ルイ12世の命を受けて出撃。ルイ12世も自ら軍を率いてアルプスを越え、またイタリアに侵入。
1509年5月8~10日
ルイ12世は、ジャン・ヤコポ・トリヴルツィオシャルル・ダンボワーズ指揮の全軍を率いて改めてミラノから出撃。
1510年4~5月
シャルル・ダンボワーズジャン・ヤコポ・トリヴルツィオの指揮するルイ12世軍、マクシミリアン1世軍、アルフォンソ1世・デステの率いるフェッラーラ軍、ヴェネツィアの占領地を再奪還し始める。1510年5月24日ヴィチェンツァも奪回。
1510年8月9日
ユリウス2世は、アルフォンソ1世・デステを教会への反逆者として破門しその全ての領国及び地位を剥奪するとの勅書を発する。加えてフランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレ指揮の大軍をフェッラーラに向かわせる。
シャルル・ダンボワーズ及びアルフォンソ1世・デステは、ヴェネツィア領攻撃からミラノ及びフェッラーラ防衛に方針を転換。
1510年8~9月上旬
シャルル・ダンボワーズ及びアルフォンソ1世・デステの撤退で孤立化したマクシミリアン1世、ヴィチェンツァを捨てヴェローナに撤退。ヴェネツィアはヴィチェンツァを奪い、ヴェローナを攻撃。
1510年10月14日
ユリウス2世シャルル・ダンボワーズ破門の勅書を発する。
1510年10月18日~下旬
ミラノ及びフェッラーラの防衛に目途をつけたシャルル・ダンボワーズユリウス2世の滞在するボローニャに軍を率いて迫り、攻撃態勢を取るが極度の疲労と熱病で倒れていたユリウス2世の策略に阻まれて攻撃できず、撤退。
1511年2月11日
ルイ12世のミラノ総督、軍総指揮官シャルル・ダンボワーズ、死(1473年~)。その地位はジャン・ヤコポ・トリヴルツィオガストン・ド・フォワ(1489年~1512年)が継承。
1502年6月16日
この日?、ルイ12世の指示と援軍派遣の意向を知って市民の意気上がり、シニョーリアピエロ・ソデリーニを援軍派遣の確認、督促のためミラノのシャルル・ダンボワーズのもとに送る。
1506年5~6月
レオナルド・ダ・ヴィンチルイ12世ミラノ総督シャルル・ダンボワーズに招かれ、1506年6月ミラノに赴く。(以後、一時期を除いて1513年まで滞在)。

別表記

 シャルル・ショモン・ダンボワーズ、Charles Ciamonte d'Amboise

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『君主論』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2005年5月29日以前