Clemens VIII

クレメンス8世

生没:1369/1370年~1446年12月28日
在位:対立教皇 1423年~1429年
   マヨルカ司教 1429年~1446年

概要

 ジル・サンチェス・ムニョスは、14世紀~15世紀の男性、聖職者。ベネディクトゥス13世の後に選出された対立教皇クレメンス8世。アロンソ・デ・ボルハの説得によって退位し、教会は統一された。

年表

1423年6月10日
アヴィニョンの対立教皇に選出される。
1426年5月19日
アヴィニョンの対立教皇の位に就きクレメンス8世を名乗る。
1429年7月26日
アヴィニョンの対立教皇の位を放棄。教会大分裂、ようやく終わる(1378年~)。

本名

 ジル・サンチェス・ムノツ、Gil Sánchez Muñoz y CarbónGil Sánchez Muñoz i Carbó

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 GCatholic.com

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

記載日

 2005年10月2日以前