Dionigi Naldi

ディオニジ・ナルディ

生没:1465年~1510年
出身:ブリジゲッラ
没地:ヴェネツィア
父:ジョヴァンニ・ナルディ
母:ヴィオランテ・ディ・ロッツァーノ
妻:ディアノーラ・ヴァルジミリ

概要

 ディオニジ・ナルディは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、傭兵隊長。

年表

1499年11月27日
チェーザレ・ボルジア軍がイーモラ市内に進軍。イーモラの要塞第8代城主ディオニジ・ナルディは、街に向かって砲撃させ、多くの家を燃やし破壊する。
1499年12月4日
チェーザレ・ボルジア軍が翼壁を崩すことに成功。ディオニジ・ナルディはこの籠城戦で頭部に傷を負ったと報告。救援が来なければ降伏すると3日間の猶予を要求し、受け入れられる。おそらく妻と子供2人をフォルリに残してきたため忠義を尽くしたように見せなければならなかった。
1499年12月7日
救援来ず、チェーザレ・ボルジアに降伏。
1503年9月1日
バルトロメオ・ダルヴィアーノチェゼナーティコを占領され、チェゼーナに撤退。
1503年9月
チェゼーナ政府は歩兵1千を集める。無償にもかかわらず多くの騎兵も集まり、主君チェーザレ・ボルジアのためにチェゼーナ防御の準備を整える。
1503年9月30日
クリストフォロ・デッラ・トッレが騎兵2百を指揮、ディオニジ・ナルディがヴァル・デッラモーネの歩兵6百を指揮。
1503年10月1日
リーミニ占領。パンドルフォ4世・マラテスタペーザロへ逃亡。残った非正規軍が城壁から投げた石のせいでディオニジ・ナルディは負傷し、チェゼーナのファンタグッツィ邸に運ばれる。チェゼーナの年代記作者ジュリアーノ・ファンタグッツィによる証言あり。
1503年11月
マンフレディ家によるファエンツァ奪還を妨害し、ヴェネツィア共和国に売却するよう城主を説得。
ブリジゲッラに帰る。
ヴィンチェンツォ・ナルディと共に、フランチェスコ・マンフレディに対しシギスモンド・マンフレディをファエンツァ領主に推す。
ヴェネツィア共和国に雇われる。

別表記

 ナルド、Dionigio di Naldo

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Wikipedia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2006年10月27日以前