Elisabetta Gonzaga

エリザベッタ・ゴンザーガ

生没:1471年2月9日~1526年1月28日
出身:マントヴァ
没地:フェッラーラ
父:フェデリーコ1世・ゴンザーガ
母:マルゲリータ・ディ・バヴィエラ
夫:グイドバルド・ダ・モンテフェルトロ

概要

 エリザベッタ・ゴンザーガは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1471年2月9日
マントヴァにて、生。
1488年春
ウルビーノへ向かう途中、フェッラーラに立ち寄る。
1489年2月11日
マントヴァにて、グイドバルド・ダ・モンテフェルトロと結婚。
1500年1月8日
フォッソンブローネにて兄フランチェスコ2世・ゴンザーガ宛てに手紙をしたためる。ウルビーノにて熱病でフアン・ランソル・イ・モンカーダが亡くなったことを知らせる。
1500年3月
聖年。ウルビーノを出発し、罪の赦しを受けるためローマに向かう。
1500年3月21日
アッシジにてフランチェスコ2世・ゴンザーガ宛てに手紙をしたためる。

 高名なる閣下、誉れある兄上様。この聖年に罪の赦しを受けるため、ウルビーノを離れローマへ向かっております。数日前私の旅行計画について伝え、今日アッシジにてあなたのお手紙を受け取りました。おそらくまだ私が出立していないものと思っていらしたのでしょう。お手紙に書かれてあることから、この旅行を取り止めるよう望んでいらっしゃることを知りましたが、そのことはとても私を悲しませ、言葉にできぬ痛みをもたらしました。なぜなら他のあらゆることのように閣下のご期待に添えるようにと望んでいますし、最も高潔な父君のように思っており、あなたのご希望に沿うことの他に考えや目的などございませんのですから。しかしながら申し上げましたように、すでに途上にあり、国外に出ています。義理の兄ファブリツィオ・コロンナと妹アニェーゼ・ディ・フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの助けを借りて、ローマでの住まいと落ち着くのに必要なことは手配しました。4日後にはマリーノに到着しているだろうこと彼らに伝えました。ひいてはファブリツィオ・コロンナがわざわざ私の護衛を確保してくださいます。さらに、この出立と旅行について苦情が言われていますが、それ故、注意深く熟慮され、夫の熟知と合意で進められているこの巡礼を、ここまで来て私と夫の名誉を傷つけずに取り止めることはできないものと思われます。あなたが悩み、苛立つようなことはありません。順序を追って言いますと、まずマリーノに向かい、そこからアニェーゼ・ディ・フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロが同道し、教会の聖年に罪の赦しを受けるため、お忍びでローマに行きます。どなかに会うことが必要とは思われませんし、故ジョヴァンニ・バッティスタ・サヴェッリの宮殿にローマにいる間身を寄せるつもりです。よい住まいでまさしく求めるところであり、コロンナ家の手近にあります。マリーノにすぐに戻る心づもりで、そちらの方で長く滞在します。ですので、この旅行について閣下がこれ以上不安がられることはありませんし、不愉快に思われることもありません。しかしこれらの理由は、ただ旅を続けるというだけでなく、旅を始めるのだということを促すのに効果的です。もしまだ出発していなかったら断念していたかもしれませんが、それは巡礼中に何か良くないことが起こるかもしれないという恐れからではなく、いつでも私がそうしたいと思っているように、閣下のお手紙に書かれた望みに応えたいがためです。けれども、こうして私がここにいて、この手紙をすぐにお受け取りになられる時、私の動機を閣下が支持されるでしょうことを信じております。どうかローマ宛てのお手紙をお寄こしになって、不愉快に感じてはいらっしゃらないと安心させてください。そうしてくださいましたなら、安らかに落ち着いて罪の赦しを受けることができるでしょう。そうしてくださいませんことには、大きな不安と悲しみに苦しんでしまいます。閣下の末妹として、慈悲深い博愛にすがります。
1500年4月19日
復活祭。この日までローマに滞在。
1526年1月28日
フェッラーラにて、死。

別表記

 エリザベッタ・ゴンザガ

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『ルネサンスの歴史』
 『ルネサンス舞踊紀行』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2005年5月29日以前