Albret

アルブレ家

アラン・ダルブレ Alain d'Albret

生没
1440年~1522年
ジャン・ダルブレ
カテリーヌ・ド・ローアン
フランソワーズ・ド・シャティオン
ジャン・ダルブレ
アマニュー・ダルブレ
ピエール・ダルブレ
シャルロット・ダルブレ
ルイーズ・ダルブレ
ガブリエル・ダルブレ
イザベル・ダルブレ
概要

 アラン・ダルブレは、15世紀~16世紀の男性。

在位

 ギュイエンヌ公
 カストル伯

年表

1495年
フェルナンド2世・デ・アラゴンと協定を結ぶ。レリン伯ルイ2世・ド・ボーモンを追放。
1499年3月23日
カステルジャルーにて、娘シャルロット・ダルブレの持参金として3万リーブル・トゥルノワ(9万フラン)支払うこと。結婚式に5千リーブル、年賦1千5百リーブルで全額まで支払うという契約書作成。この総額は故フランソワーズ・ド・シャティオンの遺産の相続分であり、これをもってシャルロット・ダルブレは父と母の遺産相続を放棄することになる。
シャルロット・ダルブレに10万リーブル・トゥルノワ、息子アマニュー・ダルブレに枢機卿を叙位することを教皇アレクサンデル6世に要求。

チェーザレ・ボルジア数

 子シャルロット・ダルブレ→夫チェーザレ・ボルジア

別表記

 Allain、Alain le grandAlano d'Albretde Lebret

外部リンク

 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia
 Wikipedia - Spanish conquest of Iberian Navarre

参考文献

 『イタリア史』
 『フィレンツェ史』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『The Life of Cesare Borgia

アマニュー・ダルブレ Amanieu d'Albret

生没
1478年頃~1520年12月20日
アラン・ダルブレ
概要

 アマニュー・ダルブレは、15世紀~16世紀の男性、聖職者、枢機卿。

在位

 枢機卿 1500年3月20日~1520年12月20日
     任命した教皇:アレクサンデル6世

年表

1502年2月6日?
1502年2月
少し滞在した後、ローマへ出発。
1502年2月7日
ローマ到着。復活祭の1502年3月27日にローマに来ることになっていたシャルロット・ダルブレが、この旅行を延期することを告げる。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいシャルロット・ダルブレ→夫チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 GCatholic.com
 Genealogy.EU
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipédia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

シャルロット・ダルブレ Charlotte d'Albret

生没
1480年~1514年3月11日
アラン・ダルブレ
フランソワーズ・ド・シャティオン
チェーザレ・ボルジア
ルイーズ・ボルジア
概要

 シャルロット・ダルブレは、15世紀~16世紀のフランスの女性。ナヴァーラ王ジャン・ダルブレの妹。フランス王ルイ12世の従妹。ジャンヌ・ド・ヴァロワの侍女だったが、ルイ12世との離婚後再婚したアンヌ・ド・ブルターニュに仕える。

年表

1499年5月初旬
この頃?、チェーザレ・ボルジアと結婚。
1499年5月12日
ブロワにてチェーザレ・ボルジアとの結婚式を挙げる(1499年5月10日)。
1499年5月20日
ミラノ攻略に向かうルイ12世に、チェーザレ・ボルジアも随行。これにシャルロット・ダルブレも同行し、軍がリヨンで待機している約2ヶ月間が2人が共に過ごす最後の時となる。
その後、夫チェーザレ・ボルジアとは手紙や、贈り物のやり取りがあったようである。
ルイ12世の事実上の人質となっていたシャルロット・ダルブレは、チェーザレ・ボルジアとところはもちろん、兄ナヴァーラ王ジャン・ダルブレのところにも行くことができず。
1507年3月12日
1514年3月11日
ラ・モット=フイユの城にて、死(1514年3月14日)。

チェーザレ・ボルジア数

 夫チェーザレ・ボルジア

別表記

 シャルロット・ダルベール、Carlotta d'Albret

外部リンク

 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 THE BORGIAS wiki
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界大百科事典』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『フィレンツェ史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ジャン・ダルブレ Jean d'Albret

生没
1469年~1516年
アラン・ダルブレ
フランソワーズ・ド・シャティヨン=リモージュ
カトリーヌ・ド・フォワ
アンヌ・ダルブレ
マドレーヌ・ダルブレ
カトリーヌ・ダルブレ
ジャン・ダルブレ
キトゥリー・ダルブレ
アンドレ・フェビュス・ダルブレ
アンリ2世・ド・ナヴァール
ボナバンチュール・ダルブレ
マルタン・フェビュス・ダルブレ
フランソワ・ダルブレ
シャルル・ダルブレ
イザボー・ダルブレ
概要

 ジャン・ダルブレは、15世紀~16世紀の男性。

在位

 ナヴァーラ王 1484年~1516年

年表

1469年
生。
1484年7月14日
フォワ領オルテズにて、カトリーヌ・ド・フォワとの結婚式を挙げる。ナヴァーラ共同統治王となる。
1494年1月10日
サンタ・マリーア・デ・パンプローナ大聖堂にて、妻カトリーヌ・ド・フォワと共にナヴァーラ王として戴冠。
義母マドレーヌ・ド・ヴァロワが摂政を退任。
1499年5月
1506年10月25日
チェーザレ・ボルジア、捕らえられていたヴァレンシアのメディナ・デル・カンポを逃亡し、1506年12月3日、義兄ナヴァーラ王ジャン・ダルブレのもとに到着。
1512年5月3~17日
ユリウス2世は、16名の枢機卿などを率いてローマのラテラーノ大聖堂で公会議を開催。1512年5月10日、1512年5月17日と会議続行。ピサ分離公会議を無効と確認し、ユリウス2世はその勅書を発する。
ヘンリー8世は、ユリウス2世の勧奨も受けて大軍をフランス領に接したスペインのオンダリビアに上陸させ、フェルナンド2世・デ・アラゴン軍と共にギュイエンヌ攻撃態勢を整えさせる。
このためルイ12世は、兵の新たな徴集、ギュイエンヌと接するナヴァーラ王国のジャン・ダルブレとの協調などの対策を講じざるを得なくなり、以後イタリアの覇権獲得に全力を集中できなくなる。
ユリウス2世とヴェネツィアから資金を得たスイス連邦は、ようやく軍のイタリア南下、ミラノ攻撃態勢を整える。
ルイ12世は、ロマーニャの自軍を、ボローニャ防衛のための少数の兵を除いてミラノ防衛に回すよう指示。
1512年7月18日
ルイ12世ジャン・ダルブレ、ブロワで協定。
1512年7月21日
ユリウス2世は、ジャン・ダルブレを分離公会議派に与したとの理由を挙げて破門。
1516年
スペインに併合されたナヴァーラの前王ジャン・ダルブレ(?~)及び王妃カトリーヌ・ド・フォア(?~)死。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいシャルロット・ダルブレ→夫チェーザレ・ボルジア

別表記

 Jean III d'Albret

外部リンク

 ウィキペディア
 Famille de Carné
 Genealogy.EU

参考文献

 『イタリア史』
 『世界大百科事典』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの歴史』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ジャンヌ・ダルブレ Jeanne d'Albret

生没
1528年1月7日~1572年6月9日
アンリ・ダルブレ
マグリット・ド・ナヴァール
アントワーヌ
アンリ4世
概要

 ジャンヌ・ダルブレは、16世紀のフランスの女性。

チェーザレ・ボルジア数

 子アンリ4世→妻マリー・ド・メディシス→母ジョヴァンナ・ダズブルゴ→きょうだいバルバーラ・ダズブルゴ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 子アンリ4世→妻マリー・ド・メディシス→母ジョヴァンナ・ダズブルゴ→きょうだいエレオノーラ・ダズブルゴ→子マルゲリータ・ゴンザーガ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 ウィキペディア
 Genealogy.EU

参考文献

 『世界大百科事典』

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2020年2月21日