Bourbon

ブルボン家

ジルベール・ド・ブルボン Gilbert de Bourbon

生没
1443年~1496年10月15日
没地
ポッツオーリ
ルイ・ド・ブルボン
キアラ・ゴンザーガ
ルイーズ・ド・ブルボン
ルイ2世・ド・ブルボン
シャルル・ド・ブルボン
フランソワ・ド・ブルボン
ルネ・ド・ブルボン
アンヌ・ド・ブルボン
概要

 ジルベール・ド・ブルボンは、15世紀の男性。

在位

 モンパンシェ伯 1488年~1496年
  次代:ルイ2世・ド・ブルボン

年表

1495年5月20日
シャルル8世ナポリを出発し、ジルベール・ド・ブルボンはナポリ総督として残留。
1495年5月26日
セミナラの戦い:ゴンザロ・デ・コルドバ率いるスペイン・ナポリ連合軍と交戦し、勝利。
1495年6月
オーヴォ城とカステル・ヌオーヴォを攻囲される。
ジルベール・ド・ブルボン自身はカステル・ヌオーヴォで5か月間籠城。
1495年12月8日
1496年7月29日
ジルベール・ド・ブルボンは、アテッラでゴンザロ・デ・コルドバに降伏(1496年7月20日、1496年7月21日、1496年8月)し、シャルル8世の残留軍はナポリより撤退。フェッランディーノ・ダラゴーナは、スペイン軍やヴェネツィア艦隊の支援を得てナポリ全土をほぼ回復。但しナポリ奪還の戦いに加わったヴェネツィアは、アドリア海沿岸のナポリ領5都市を占拠し続ける。
1496年10月15日
ポッツオーリにて、死(1496年10月5日)。

別表記

 ジルベール・ド・モンパンシェ、ジルベルト・ディ・モンペンシエーリ、Gilbert de MompensierMontpensier

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

アンリ4世 Henri IV

生没
1553年~1610年
アントワーヌ
ジャンヌ・ダルブレ
マグリット・ド・ヴァロワ
マリー・ド・メディシス
ルイ13世
アンリエット・マリー
エリザベット
ガストン
概要

 アンリ4世は、16世紀~17世紀の男性。

在位

 フランス国王 1589年~1610年

年表

1589年
ヴァロワ朝断絶、アンリ4世即位、ブルボン朝成立。
1593年
カトリックに改宗。
1598年
ナントの勅令、新旧両教の自由を保障。

チェーザレ・ボルジア数

 妻マリー・ド・メディシス→母ジョヴァンナ・ダズブルゴ→きょうだいバルバーラ・ダズブルゴ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 妻マリー・ド・メディシス→母ジョヴァンナ・ダズブルゴ→きょうだいエレオノーラ・ダズブルゴ→子マルゲリータ・ゴンザーガ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 アンリ・ド・ナヴァール、ナヴァール王アンリ、Henri de Navarre

外部リンク

 歴史データベース
 Genealogy.EU
 Journal Publishing Services - Pompeo Caccini and Euridice

参考文献

 『世界悪女大全』
 『世界大百科事典』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『馬車の文化史』
 『魔女狩り』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンス百科事典』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの歴史』
 『ルネサンス舞踊紀行』
 『Pompeo Caccini and Euridice

ルイ2世・ド・ブルボン Louis II de Bourbon

生没
1483年~1501年8月14日
没地
ナポリ
ジルベール・ド・ブルボン
キアラ・ゴンザーガ
概要

 ルイ2世・ド・ブルボンは、15世紀~16世紀の男性。

在位

 モンパンシェ伯 1496年~1501年
  先代:ジルベール・ド・ブルボン

外部リンク

 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

参考文献

 『ルネサンスの華』

ルイ14世 Louis XIV

生没
1638年9月5日~1715年9月1日
ルイ13世
アンヌ・ドートリッシュ
マリー・テレーズ・ドートリッシュ
ルイ・ド・ブルボン
アンヌ・エリザベート・ド・ブルボン
シャルル・ド・ブルボン
フィリップ・ド・ブルボン
マリー・アンヌ・ド・ブルボン
マリー・アンヌ・ド・ブルボン
マリー・テレーズ・ド・ブルボン
フィリップ・シャルル・ド・ブルボン
ルイ・ド・ブルボン
ルイ・オーギュスト・ド・ブルボン
ルイ・フランソワ・ド・ブルボン
ルイ・セザール・ド・ブルボン
ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボン
ルイーズ・マリー・ド・ブルボン
フランソワーズ・マリー・ド・ブルボン
ルイ・アレクサンドル・ド・ブルボン
概要

 ルイ14世は、17世紀~18世紀のフランスの男性。

在位

 ブルボン朝第3代フランス王 1643年5月14日~1715年9月1日

外部リンク

 ウィキペディア
 Genealogy.EU

参考文献

 『メディチ家』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia

フィリッポ1世・ディ・ボルボーネ Filippo I di Borbone

生没
1720年3月15日~1765年7月18日
フェリペ5世
イサベル・ファルネシオ
ルイーザ・エリザベッタ・ディ・ボルボーネ
マリア・イザベラ・ディ・ボルボーネ
フェルディナンド1世・ディ・ボルボーネ
マリア・ルイーザ・ディ・ボルボーネ
概要

 フェリペ・デ・ボルボンは、18世紀のスペイン出身の男性。

在位

 パルマ公 1748年~1765年

年表

1742年2月22日
マドリード出発。以降、両親と再会せず。
1745年9月15日
スペイン軍、パルマ占領。

外部リンク

 ウィキペディア
 Treccani

フェルディナンド1世・ディ・ボルボーネ Ferdinando I di Borbone

生没
1751年1月20日~1802年10月9日
フィリッポ1世・ディ・ボルボーネ
ルイーザ・エリザベッタ・ディ・ボルボーネ
マリーア・アマーリア・ダズブルゴ
カロリーナ・ディ・ボルボーネ
ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネ
マリーア・アントニエッタ・ディ・ボルボーネ
カルロッタ・ディ・ボルボーネ
フィリッポ・マリーア・ディ・ボルボーネ
アントニエッタ・ディ・ボルボーネ
ルイーザ・マリーア・ディ・ボルボーネ
概要

 フェルディナンド1世・ディ・ボルボーネは、18世紀~19世紀のイタリアの男性。

在位

 パルマ公 1765年~1802年

外部リンク

 ウィキペディア

ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネ Ludovico I di Borbone

生没
1773年8月5日~1803年5月27日
フェルディナンド1世・ディ・ボルボーネ
マリーア・アマーリア・ダズブルゴ
マリーア・ルイーザ・ディ・ボルボーネ
カルロ2世・ディ・ボルボーネ
マリーア・ルイーザ・カルロッタ・ディ・ボルボーネ
概要

 ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネは、18世紀~19世紀のイタリアの男性。

在位

 初代エトルリア王 1801年~1803年

外部リンク

 ウィキペディア

カルロ2世・ディ・ボルボーネ Carlo II di Borbone

生没
1799年12月27日~1883年5月17日
ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネ
マリーア・ルイーザ・ディ・ボルボーネ
マリーア・テレーザ・ディ・サヴォイア
ルイーザ・フランチェスカ・ディ・ボルボーネ
カルロ3世・ディ・ボルボーネ
概要

 カルロ・ルドヴィーコ・ディ・ボルボーネは、18世紀~19世紀のイタリアの男性。

在位

 第2代エトルリア王 1803年~1807年
 ルッカ公 1824年~1847年
 パルマ・ピアチェンツァ公 1847年~1849年

年表

1849年5月
パルマ・ピアチェンツァ公を退位。
退位後、カルロ・ルドヴィーゴはフランスに移り、ヴィッラフランカ伯爵と名乗って余生を送る。

外部リンク

 ウィキペディア

カルロ3世・ディ・ボルボーネ Carlo III di Borbone

生没
1823年1月14日~1854年3月27日
カルロ2世・ディ・ボルボーネ
マリーア・テレーザ・ディ・サヴォイア
ルイーザ・マリーア・ディ・ボルボーネ
マルゲリータ・ディ・ボルボーネ
ロベルト1世・ディ・ボルボーネ
アリーチェ・ディ・ボルボーネ
エンリーコ・ディ・ボルボーネ
概要

 カルロ3世・ディ・ボルボーネは、19世紀のイタリアの男性。

在位

 パルマ・ピアチェンツァ公 1849年~1854年

外部リンク

 ウィキペディア

ルイーザ・マリーア・ディ・ボルボーネ Luisa Maria di Borbone

生没
1819年9月21日~1864年2月1日
シャルル・フェルディナン・ダルトワ
マリー・カロリーヌ・ド・ブルボン
カルロ3世・ディ・ボルボーネ
マルゲリータ・ディ・ボルボーネ
ロベルト1世・ディ・ボルボーネ
アリーチェ・ディ・ボルボーネ
エンリーコ・ディ・ボルボーネ
概要

 ルイーズ・マリー・テレーズ・ダルトワは、19世紀のフランス出身の女性。
 1830年の七月革命勃発後、祖父シャルル10世、叔父アングレーム公夫妻、弟アンリらと共にフランスから亡命した。母マリー・カロリーヌは1832年、ルイ・フィリップ1世を追い落として息子アンリを王位につけようとクーデターを起こそうとした際に逮捕され、エットーレ・ルケージ・パッリ伯爵との秘密結婚が明らかとなり、それに怒ったシャルル10世によりブルボン家から縁を切られた。そのため、ルイーズとアンリは幼い頃から懐いていた伯母のアングレーム公夫人マリー・テレーズに養育された。

外部リンク

 ウィキペディア

ロベルト1世・ディ・ボルボーネ Roberto I di Borbone

生没
1848年7月9日~1907年11月16日
カルロ3世・ディ・ボルボーネ
ルイーザ・マリーア・ディ・ボルボーネ
マリーア・ピア・ディ・ボルボーネ
マリーア・アントーニア・ディ・ブラガンツァ
マリア・ルイーザ・ディ・ボルボーネ
フェルディナンド・ディ・ボルボーネ
ルイーザ・マリア・ディ・ボルボーネ
エンリコ・ディ・ボルボーネ
マリア・インマコラタ・ディ・ボルボーネ
ジュゼッペ・ディ・ボルボーネ
マリア・テレーザ・ディ・ボルボーネ
マリア・ピア・ディ・ボルボーネ
ベアトリーチェ・ディ・ボルボーネ
エリア・ディ・ボルボーネ
マリア・アナスタシア・ディ・ボルボーネ
アウグスト・ディ・ボルボーネ
マリア・デッレ・ネーヴェ・アデライーデ・ディ・ボルボーネ
シスト・ディ・ボルボーネ
サヴェリオ・ディ・ボルボーネ
フランチェスカ・ディ・ボルボーネ
ツィタ・ディ・ボルボーネ
フェリーチェ・ディ・ボルボーネ
レナート・ディ・ボルボーネ
マリア・アントニア・ディ・ボルボーネ
イザベッラ・ディ・ボルボーネ
ルイージ・ディ・ボルボーネ
エンリケッタ・ディ・ボルボーネ
ガエターノ・ディ・ボルボーネ
概要

 ロベルト1世・ディ・ボルボーネは、19世紀~20世紀のイタリアの男性。

在位

 パルマ・ピアチェンツァ公 1854年~1860年

外部リンク

 ウィキペディア

エリア・ディ・ボルボーネ Elia di Borbone

生没
1880年7月23日~1959年6月27日
ロベルト1世・ディ・ボルボーネ
マリーア・ピア・ディ・ボルボーネ
マリア・アンナ・フォン・エスターライヒ・テシェン
エリザベッタ・ディ・ボルボーネ
カルロ・ディ・ボルボーネ
マリア・フランチェスカ・ディ・ボルボーネ
ロベルト・ウーゴ・ディ・ボルボーネ
フランチェスコ・ディ・ボルボーネ
ジョヴァンナ・ディ・ボルボーネ
アリーチェ・ディ・ボルボーネ
マリア・クリスティーナ・ディ・ボルボーネ
概要

 エリア・ディ・ボルボーネは、19世紀~20世紀の男性。

外部リンク

 ウィキペディア

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2021年2月22日