Ferrandino d'Aragona

フェッランディーノ・ダラゴーナ

生没年:1469年8月26日~1496年9月7日
出身:ナポリ
在位:ナポリ王 1495年~1496年
    先代:アルフォンソ2世・ダラゴーナ
    次代:フェデリーコ・ダラゴーナ
父:アルフォンソ2世・ダラゴーナ
母:イッポーリタ・ディ・フランチェスコ・スフォルツァ
妻:ジョヴァンナ・ダラゴーナ

概要

 フェッランディーノ・ダラゴーナは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1469年8月26日
ナポリに生(1467年6月26日)。
1494年
軍を率いてロマーニャに配置。
1495年1月23日
アルフォンソ2世・ダラゴーナが退位し、ナポリ王に即位。
1495年2月21日
シャルル8世軍の入城を前にナポリを逃亡。ホフレ・ボルジアも随行。
1495年5月
スペインのフェルディナンド・ダラゴーナイサベル1世・デ・トラスタマラ両王、ゴンザロ・デ・コルドバ指揮の自軍にフェッランディーノ・ダラゴーナのためナポリ奪回の戦いを開始させる(1495年~96年)。
1495年7月7日
ナポリに復帰。
1496年7月20/21日
シャルル8世のナポリ総督モンパンシエ公ジルベール・ド・ブルボンは、アテッラでゴンザロ・デ・コルドバに降伏し、シャルル8世の残留軍はナポリより撤退。フェッランディーノ・ダラゴーナは、スペイン軍やヴェネツィア艦隊の支援を得てナポリ全土をほぼ回復。但しナポリ奪還の戦いに加わったヴェネツィアは、アドリア海沿岸のナポリ領5都市を占拠し続ける。
1495年
この年、コロンナ家を引き入れるため、フェルナンド・フランチェスコ・ダヴァーロスヴィットーリア・コロンナを婚約させる。
1496年9月7日
死(1496年10月5日)。

チェーザレ・ボルジア数

 妻ジョヴァンナ・ダラゴーナ→母フアナ・ダラゴーナ→母フアナ・エンリケス→きょうだいエンリケ・エンリケス→子マリーア・エンリケス→夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 きょうだいアルフォンソ・ダラゴーナ→妻ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 きょうだいサンチャ・ダラゴーナ→夫ホフレ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 フェランティノ、小フェランテ、フェルランド2世、カラブリア公フェルディナンド、フェルディナンド2世、フェランディーノ、Ferdinando II d'Aragona

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『フィレンツェ史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2006年7月24日以前
トラスタマラ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで