Francesco de' Medici

フランチェスコ1世・デ・メディチ

生没:1541年3月25日~1587年10月19日
在位:トスカーナ大公 1574年~1587年
父:コジモ1世・デ・メディチ
母:エレオノーラ・ディ・トレド
妻:ジョヴァンナ・ダズブルゴ
  ビアンカ・カッペッロ
子:エレオノーラ・デ・メディチ
  ローモラ・デ・メディチ
  イザベッラ・デ・メディチ
  アナ・デ・メディチ
  マリー・ド・メディシス
  フィリッポ・デ・メディチ
  アントーニオ・デ・メディチ

概要

 フランチェスコ1世・デ・メディチは、16世紀のイタリアの男性、トスカーナ大公。

年表

1541年3月25日
コジモ1世・デ・メディチの長子フランチェスコ1世・デ・メディチ生(~1587年)。
1548年
コジモ1世・デ・メディチジェノヴァフェリペ2世のもとに長子フランチェスコ1世・デ・メディチを名代として送り、巨額の金品を貢納。
1564年5月1日
コジモ1世・デ・メディチ、公の名称と重要人事事件などの最高指揮権とを保持しながらも、通常の政務の実権を長子フランチェスコ1世・デ・メディチに委譲。1564年6月11日以降アレッサンドロ・デ・メディチは摂政的な位置を占める。
1565年12月16日
1564年から通常の政務を担当するフランチェスコ1世・デ・メディチ、故フェルディナンド1世の娘で現神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の妹ジョヴァンナ・ダズブルゴ(1547年~1578年)と結婚。自身の大公位を皇帝の側に承認させようとの底意を秘めてこの結婚を求めたコジモ1世・デ・メディチ、生涯最大とも言うべき婚儀を挙行させる。
この年、これ以前にコジモ1世・デ・メディチ、自邸(旧ピッティ宮殿)からヴェッキオ橋、ウフィッツィ宮殿を経て政庁宮(ヴェッキオ宮殿)に至る高架の通廊をジョルジョ・ヴァザーリに命じて作らせ、一族が身辺警護の必要なく安全に公・私両邸を往来できるようにする。
1565年12月18日
ジョヴァンナ・ダズブルゴと結婚。
1574年4月21日
コジモ1世・デ・メディチ、近郊カステッロの別荘で死——長子フランチェスコ1世・デ・メディチ(1541年~1587年)、フランチェスコ1世・デ・メディチとしてトスカーナ大公となる(在位1574年~1587年)。(但し、マクシミリアン2世は翌1575年11月2日ようやくトスカーナ大公の称号を承認)。
1584年6月30日
ナポレオーネ・カンビにルチア・ガニョランティの持参金として千スクードをジューリオ・カッチーニに支払うよう命ずる。

肖像

 エレオノーラ・ディ・トレドと息子の肖像

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Journal Publishing Services - Pompeo Caccini and Euridice
 RootsWeb.com
 The Medici Archive Project

参考文献

 『愛の年代記』
 『世界悪女大全』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』
 『ルネサンス舞踊紀行』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Bibliotechina Grassoccia
 『Lost Girls
 『Pompeo Caccini and Euridice

記載日

 2005年5月29日以前