Galeotto de' Pazzi

ガレオット・デ・パッツィ

生没:1456年1月1日~1517年
父:ピエロ・デ・パッツィ
母:フィアンメッタ・ジューニ
妻:ルクレツィア・マガロッティ

概要

 ガレオット・デ・パッツィは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

年表

1478年~1480年
投獄。
1480年~1494年
公職から排斥。
1496年
フランス王シャルル8世への使節。
1499年
バーニョのコッミッサーリオ
1501年1月
ピサの反乱、ピストイアの内乱、チェーザレ・ボルジアの進軍、財政危機などに対応するため統治の安定性、継続性を求め、さらにそれを確保すべく現行統治制度の改革を求める声が特に貴族層に次第に高まる。
1501年
フィレンツェ領とチェーザレ・ボルジアの支配領とが広範囲にわたって隣接することになり、市内にチェーザレ・ボルジアに対する恐怖が高まる。
シニョーリアは、使節ガレオット・デ・パッツィをチェーザレ・ボルジアのもとに急派し、ファエンツァ制圧に祝意を表させると共にチェーザレ・ボルジアの動きを監視させる。
1502年
ボルジアへの使節。
1511年
ルクレツィア・マガロッティと結婚。
1513年
ヴァル・ディ・チェチーナのコッミッサーリオ

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日

 2006年10月27日以前