Gaston de Foix

ガストン・ド・フォワ

生没:1489年12月10日~1512年4月11日
在位:ヌムール公 1507年~1512年
    次代:ジュリアーノ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ
父:ジャン・ド・フォワ
母:マリー・ド・ヴァロワ

概要

 ガストン・ド・フォワは、15世紀~16世紀の男性。

年表

1511年2月11日
ルイ12世のミラノ総督、軍総指揮官シャルル・ダンボワーズ、死(1473年~)。その地位はジャン・ヤコポ・トリヴルツィオガストン・ド・フォワ(1489年~1512年)が継承。
1511年11月初旬
この頃?、スイス連邦軍がイタリアに侵入しミラノを攻撃。防御するガストン・ド・フォワ指揮のルイ12世軍としばらく一進一退の攻防を展開するが、後理由不明のまま撤退。ガストン・ド・フォワに買収されたとの噂が広まる。
1512年1月下旬~2月2日
ヴェネツィア、ブレッシャを、一部貴族と内通の上、軍を送って攻撃し、フランスの支配に反抗する市民に迎えられて占領。
ヴェネツィア、ブレッシャのフランス支配からの脱出に刺激を受けて同じフランス支配に反抗する市民に迎えられ、ベルガモを占領。
1512年2月4/5日
ボローニャ防衛のためモデナから援軍を送っていたガストン・ド・フォワは、吹雪の中を自らも小軍を率いてボローニャに密かに入る。
1512年2月6日
ボローニャを包囲していた神聖同盟軍、深夜、包囲を解いてひとまずイーモラに撤退。
1512年2月19~21日
ガストン・ド・フォワ指揮のルイ12世軍は、ブレッシャを奪還し、続いてベルガモも奪還。両地で同軍による凄惨な暴行、略奪、虐殺が行われる。
1512年4月11日
ガストン・ド・フォワ指揮のルイ12世軍とアルフォンソ1世・デステ指揮のフェッラーラ軍、ラヴェンナ近郊でイタリア史上稀に見る大激戦の末ライモンド・ディ・カルドーナ指揮の神聖同盟軍を破り、翌1512年4月12日、ラヴェンナに入城。軍、未曾有の略奪、暴行、虐殺を欲しいままにする。
完敗した同盟軍はライモンド・ディ・カルドーナがチェゼーナへ、マルカントーニオ・コロンナはリーミニへ逃げ、ジョヴァンニ・デ・メディチはフランス軍の、ファブリツィオ・コロンナはフェッラーラ軍の捕虜となり、完勝したルイ12世軍もガストン・ド・フォワを戦死させた(1489年~)他、軍に多大の損失を被る。
ラヴェンナ占領におけるルイ12世軍の実態に対する恐怖広まり、イーモラ、ファエンツァ、フォルリ、チェゼーナ、リーミニなど次々にルイ12世軍に降伏し、数日でロマーニャのほぼ全域が支配下に入る。
ナヴァーラの領有を目論むフェルナンド2世・デ・アラゴンは、ガストン・ド・フォワの死により、その姉である自分の妻ジェルメーヌ・ド・フォワにナヴァーラの王位請求権が生じたと主張。

別表記

 ガストン・ド・フォア、ガストン・ドゥ・フォア

外部リンク

 ウィキペディア
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Treccani.it

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『マキアヴェリ』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2005年5月29日以前