Gentile Baglioni

ジェンティーレ・バリオーニ

生没:1466年~1527年8月3日
父:グイド・バリオーニ
母:コスタンツァ・ダ・ヴァラーノ
妻:ジューリア・ヴィテッリ
子:アストッレ・バリオーニ
  アドリアーノ・バリオーニ
  グイド・バリオーニ

概要

 ジェンティーレ・バリオーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、傭兵隊長。

年表

1502年9月末
マジョーネの会合に出席。
1502年10月9日
マジョーネの会合、反ボルジア一族で共同行動を取ることなどを約定、攻守同盟を締結(1502年10月8日)。
1520年6月2日~1520年6月3日
レオ10世は、投獄していたジャンパオロ・バリオーニを、ウルビーノ争奪戦においてフランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレに通じていたなどの理由を挙げて処刑(1470年頃~:在位1488年~1500年、1500年~1502年、1503年~1506年、1513年~)。ペルージアは保護していたジェンティーレ・バリオーニに統治させる形をとりながら自身の代理を派遣して直接に統治。
1522年1月4日~1522年1月5日
フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレと共にペルージアに迫っていたマラテスタ・バリオーニ、、オラーツィオ・バリオーニ兄弟は、ペルージアに復帰し支配。ジェンティーレ・バリオーニは逃亡。
フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレは引き続きシエナに進軍し、その政体変更を迫るが、ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ指揮のフィレンツェ軍に撃退される。フィレンツェ軍はジェンティーレ・バリオーニを伴ってペルージア奪回に向かう。

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Treccani
 Geni.com

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2006年10月27日以前