ジャン・ヤコポ・デ・メディチ

Gian Jacopo Medici

ジャン・ヤコポ・デ・メディチ

生没年:1498年1月25日~1555年11月8日
父:ベルナルディーノ・ディ・ジャン・ヤコポ・デ・メディチ
母:チェチリア・セルベッローニ
妻:マルツィア・オルシーニ

概要

 ジャン・ヤコポ・デ・メディチは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

年表

1554年8月2日
ジャン・ヤコポ・デ・メディチを迎え全市を挙げて盛大な戦勝祝賀行事が繰り広げられる。
1554年12月24/25日
ジャン・ヤコポ・デ・メディチ、全軍を挙げてシエナを攻撃するが市内に入城できず。
1555年4月17日
1554年来のジャン・ヤコポ・デ・メディチ軍の攻撃に耐えながらも、狭まる包囲戦の中で深刻な飢餓状態に陥り、期待していたアンリ2世からの援軍も得られないでいるシエナ、特使Niccolò SergardiCamillo d' EleiLelio PecciAgostino Bardiコジモ1世・デ・メディチのもとに送って降伏し、(1)カール5世の庇護の下で「自由」を保持し自らを統治すること、(2)自らの費用でカール5世軍を守備隊として駐屯させること、などを協定。
1555年4月21日~5月2日
モンルックの君主Blaise de Lasseren de Massancome(1502年頃~1577年)指揮のアンリ2世軍、シエナ市を去る。しかしキウージ、グロッセート、ポルト・エルコーレ、モンタルチーノをなお手中に収め、この軍と共にシエナを去った有力貴族ら数百名はモンタルチーノなどに籠って小共和政を樹立する。
間もなく代わってジャン・ヤコポ・デ・メディチ麾下のカール5世軍が市内に入り、シエナは実質上コジモ1世・デ・メディチの支配下に陥る。
1555年6月16日
ジャン・ヤコポ・デ・メディチピエロ・ストロッツィアンリ2世軍のみ残るポルト・エルコーレなどを制圧。ピエロ・ストロッツィは逃亡するが、ポルト・エルコーレに留まっていたシエナの亡命者は捕えられ、指導者はフィレンツェに送られて斬首される。

別表記

 Gian Giacomo Medici (il Medeghino)

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日

 2013年3月4日
メディチ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで