Gino Capponi

ジーノ・ディ・ネリ・ディ・ジーノ・ディ・ネリ・カッポーニ

生没:1423年1月22日~1487年4月23日
父:ネリ・ディ・ジーノ・ディ・ネリ・カッポーニ
母:セルヴァッジア・サッケッティ
妻:マッダレーナ・マンネッリ
子:ピエロ・カッポーニ
  トンマーゾ・カッポーニ
  ネリ・カッポーニ
  ルクレツィア・カッポーニ

概要

 ジーノ・カッポーニは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1443年
マルゲリータ・マンネッリと結婚。
1480年11月20日
フェッランテ・ダラゴーナの勧告に従い、シクストゥス4世に謝罪し許しを乞うフランチェスコ・ソデリーニ(1453年~1524年)、ジーノ・ディ・ネリ・ディ・ジーノ・ディ・ネリ・カッポーニ(1423年~1487年)、ジョヴァンニ・トルナブオーニら12名からなる使節団をローマに送る。
1480年11月20日
ナポリ王フェッランテ・ダラゴーナの勧告に従い、教皇シクストゥス4世に謝罪し許しを乞う使節として、ローマへ向け出発。この使節団は12名であり、他にフランチェスコ・ソデリーニジョヴァンニ・トルナブオーニら。
1480年11月25日
フィレンツェ使節団がローマに到着。
1480年12月3日
フィレンツェ使節団は、ようやくシクストゥス4世に謁見を許され、その前で地にひれ伏して謝罪。キリスト教徒としての不従順は、政治的な正当防衛だったと釈明し、自分たちの大聖堂や政庁で冒涜され辱められたのだという点について念を押した。
1480年12月4日
オスマン・トルコの進軍に脅かされているシクストゥス4世は、フェッランテ・ダラゴーナの忠言をも考慮に入れ、対トルコ戦に15隻の高価なカタロニアのガレー船を派遣することなどを条件に聖務禁止処分を解き、フィレンツェに改めて祝福を与える。象徴的にフィレンツェの使節団長を長い杖で叩いた。

外部リンク

 Geneanet
 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日

 2005年5月29日以前