Giorgio Brognolo

ジョルジョ・ブロニョーロ

概要

 ジョルジョ・ブロニョーロはマントヴァ候国大使。

年表

1494年5月6日(火)
マントヴァ候妃イザベッラ・デステ宛てに手紙を書く。「ジョヴァンニ・スフォルツァ殿は月曜日か火曜日に3人の婦人を伴って出立されます。3人の婦人は、教皇の命により、8月に戻られるまでペーザロにご滞在されます」
1494年5月15日(木)
マントヴァ候妃イザベッラ・デステ宛てに手紙を書く。
1494年11月29日
手紙を書く。「教皇への侮辱ともなる災難が起こりました。一昨日、ヴィテルボにいるアレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿に会うため、カポディモンテの城を出発したアドリアーナ・デル・ミラジューリア・ファルネーゼジローラマ・ファルネーゼが、少し行ったところでフランス騎兵隊と出くわし、25人から30人の従者も共に、捕虜としてモンテフィアスコーネへ連れていかれました」。イヴ・ダレーグル「が美しい婦人たちが何者であるかを知ると、3千ドゥカートを身代金として要求しました。誰を捕らえたのかシャルル8世に手紙で報告がいったのですが、王は彼女たちと会うことは拒否されました。ジューリア・ファルネーゼは、好待遇を受けていること、身代金を送って欲しいという内容でローマに手紙を書きました」

外部リンク

 Treccani.it

参考文献

 『Lucretia Borgia

記載日

 2013年4月27日