Giovanni Antonio Flaminio

ジョヴァンニ・アントーニオ・フラミーニオ

生没:1464年~1536年
出身:イーモラ
没地:ボローニャ
父:ルドヴィーコ・ツァッラービニ・ディ・コティニョーラ
子:マルカントーニオ・フラミーニオ

概要

 ジョヴァンニ・アントーニオ・フラミーニオは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

年表

1464年
イーモラにて、スフォルツァ家の家来の子として、生。
14??年
ボローニャにて、フィリッポ・ベロアルドの下で学ぶ。
14??年
疫病を避けてヴェネツィアへ。ヴェネツィアの裕福な家に教師として雇われる。おそらくこの間に、イーモラの古名をたぶん由来として、フラミーニオという姓を名乗る。
1485年
1489年までヴェネツィア領マルカ・トレヴィジアーナのセッラヴァッレに。結婚し、マルカントーニオを含む4人の子を持つ。
1489年
1498年までモンタニャーナで教える。
1498年
セッラヴァッレに帰る。
15??年
教皇ユリウス2世からのローマ招致を断る。
15??年
ヴェネツィアカンブレー同盟に敗北したため財産を失う。
15??年
イーモラへ。この時には妻を亡くしていた。修道院長となる。
1536年
ボローニャにて、死。

別表記

 Zarrabini

外部リンク

 Google Books
 Wikipedia

記載日

 2016年12月30日