Hunyadi János

フンヤディ

生没:1387年頃~1456年
子:マティアス・コルヴィヌス

概要

 フンヤディは、14~15世紀の男性。

年表

1387年頃
生(1407年頃)。
1443年11月3日
エウゲニウス4世の提唱による対オスマン・トルコ新十字軍、フンヤディ指揮の下、セルビアの旧都Nish (Nis)近郊でオスマン・トルコ軍を撃破。
1444年11月10日
Władysław IIIフンヤディの指揮するポーランド・ハンガリー連合軍、ドナウ河口近くのヴァルナでオスマン・トルコ軍を攻撃し、敗れる。Władysław IIIは戦死(1424年~:ポーランド王在位1434年~:ハンガリー王在位1440年~)。ポーランドは王空位状態に入る(~1447年)。
1446年6月
ハンガリー議会は、フンヤディフリードリヒ3世の庇護下からなお解放されない幼王ラディスラウス・ポストゥムスの摂政とする(在位~1452年)。
1448年10月17~19日
Murat II指揮のオスマン・トルコ軍、ニコラウス5世の支援を得たフンヤディ指揮のハンガリー軍をセルビアのコソボで大破。
1450年
ハンガリー王摂政フンヤディMurat IIと休戦協定を結ぶ。
1456年7月14日~7月21/22日
ハンガリー制圧を狙ってNándor Fehérvár(現ベオグラード)を襲撃してきたマホメッド2世指揮のオスマン・トルコの大軍に対し、教皇使節フランシスコ会修道士、説教師、神学者ジョヴァンニ・カピストラーノ(1386年~1456年)らの呼びかけに応じて結集した貧農、貧民、学生らからなる大軍、フンヤディ指揮の教会軍と共に十字軍を構成して勝利を収め、ハンガリーを防衛。
しかしフンヤディ(1387年頃又は1407年頃~)は1456年8月11日、ジョヴァンニ・カピストラーノは1456年10月23日、それぞれペストで死。
1458年1月24日
フンヤディの次男マティアス・コルヴィヌス(1440/1443年~1490年)、ハンガリー議会によりハンガリー王に選出される(在位1458年~1490年)。

別表記

 フニャディ

外部リンク

 ウィキペディア
 Genealogy.EU

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『血の伯爵夫人エリザベート・バートリ』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日

 2005年5月29日以前