Jean d'Anjou

ジャン・ダンジュー

生没:1426年頃~1470年
在位:カラブリア公 1434年~1443年
   ロレーヌ公ジャン2世 1453年~1470年
    次代:ニコラ1世・ダンジュー
父:ルネ・ダンジュー

概要

 ジャン・ダンジューは、15世紀の男性。

年表

1458年5月初め
シャルル7世アルフォンソ5世・デ・アラゴンのジェノヴァ攻略を阻むべく、彼によりナポリから放逐されたルネ・ダンジューの子ジャン・ダンジュー(1426年頃~1470年:カラブリア公在位1434年~1443年:ロレーヌ公在位1453年~1470年)を総督としてジェノヴァに派遣。1458年5月11日頃からジャン・ダンジューはジェノヴァを統治し軍を指揮。
1459年10月5日
シャルル7世のジェノヴァ総督ジャン・ダンジューは、ナポリ王国内部のアンジュー家系領主たちの反フェッランテ・ダラゴーナの動向と呼応しつつ、この日頃、水軍を率いてナポリ湾に現われる。
1460年7月7日
ピウス2世及びフランチェスコ1世・スフォルツァからの援軍を含むフェッランテ・ダラゴーナ指揮の軍、ジャン・ダンジュー指揮の軍とナポリ近郊サルノで激戦の後、完敗。フェッランテ・ダラゴーナは辛うじてナポリ市内に逃げ帰る。
1460年7月22/27日
この日頃、フランチェスコ1世・スフォルツァの弟アレッサンドロ・スフォルツァ及びウルビーノ・モンフェッラート伯フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ(1422年~1482年:在位1444年~1474年)の指揮するフェッランテ・ダラゴーナ軍と傭兵隊長ヤコポ・ピッチニーノ指揮のジャン・ダンジュー軍、ナポリ領北部アブルッツォのジュリアノーヴァ近郊サン・ファブリアーノで激戦を交わす。勝敗の決着着かぬまま、フェッランテ・ダラゴーナ軍退却。
間もなく、ジャン・ダンジュー軍の総指揮官ヤコポ・ピッチニーノは教会領攻撃に向かい、ローマ近郊リエティに到着。ローマに不安、募る。
1461年7月2日
フェッランテ・ダラゴーナ軍、シギスモンド・マラテスタ指揮の軍とジャン・ダンジュー軍に敗れる。
この後も劣勢が続くフェッランテ・ダラゴーナ軍にアレッサンドロ・スフォルツァ指揮の援軍、到着。
1462年8月18日
フェッランテ・ダラゴーナ及びアレッサンドロ・スフォルツァ指揮の軍、フォッジャ近郊トローイアでジャン・ダンジュー軍を撃破。
1463年8月10日
ジャン・ダンジュー陣営の敗退が続く中でその総指揮官ヤコポ・ピッチニーノは、アレッサンドロ・スフォルツァと交渉し、その非難と説得に従って、ジャン・ダンジューを離れ自軍と共にフェッランテ・ダラゴーナに従うことを約定。フェッランテ・ダラゴーナヤコポ・ピッチニーノを自軍の総指揮官として受け入れながらも信用せず。
1463年9月
傭兵隊長で自軍の総指揮官ヤコポ・ピッチニーノを初め領主らも離れ始めて孤立してきたジャン・ダンジュー、イスキア島へ逃げる。
1464年春
ジャン・ダンジュー、イスキア島からフランス・プロヴァンスに逃げ帰る。

別表記

 Giovanni d'Angio

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『イタリア史』

記載日

 2005年5月29日以前