Jeanne de Valois

ジャンヌ・ド・ヴァロワ

生没:1464年4月23日~1505年2月4日
父:ルイ11世
母:カルロッタ・ディ・サヴォイア
夫:ルイ12世

概要

 ジャンヌ・ド・ヴァロワは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1498年8月16日
ルイ12世アレクサンデル6世の秘密協定:ルイ12世チェーザレ・ボルジアにヴァレンティノワ領などを与え、彼を軍事的に支援し、彼とナポリの王女カルロッタ・ダラゴーナとの結婚の実現に配慮することなどを、アレクサンデル6世ルイ12世と妻ジャンヌ・ド・ヴァロワ(1464年~1505年:前王・故シャルル8世の妹)の婚姻の無効を承認し、ルーアンの大司教でルイ12世の宰相ジョルジュ・ダンボワーズ(1460年~1510年)を枢機卿に叙任することなどを、それぞれ約束。
1498年10月1日
チェーザレ・ボルジアルイ12世ジャンヌ・ド・ヴァロワの婚姻無効の承認、及び宰相ジョルジュ・ダンボワーズの枢機卿叙任の勅書(1498年9月16日)を携えフランスのマルセイユに向けローマ郊外を出航。1498年10月19日同地に到着。アヴィニョンを経て1498年11月10日新領地ヴァレンティノワの中心都市ヴァランスに到着。
1499年1月7~8日
ルイ12世ジャンヌ・ド・ヴァロワとの婚姻を解消して故シャルル8世の妃アンヌ・ド・ブルターニュと再婚し、ブルターニュに対する権利を確保。

別表記

 ジャンヌ・ドゥ・ヴァロワ、Jeanne de France

外部リンク

 ウィキペディア
 Find A Grave
 Genealogy.EU
 kleio.org

参考文献

 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2006年10月27日以前