Leo XI

レオ11世

本名:アレッサンドロ・デ・メディチ(Alessandro de' Medici)
生没:1535年6月2日~1605年4月27日
出身:フィレンツェ
没地:ローマ
在位:フィレンツェ大司教 1574年1月15日~1605年4月1日
   第232代教皇 1605年4月1日~1605年4月27日
父:オッタヴィオ・デ・メディチ
母:フランチェスカ・サルヴィアーティ

概要

 アレッサンドロ・デ・メディチは、16世紀~17世紀のイタリアの男性、聖職者。第232代教皇レオ11世。

年表

1564年5月1日
コジモ1世・デ・メディチ、公の名称と重要人事事件などの最高指揮権とを保持しながらも、通常の政務の実権を長子フランチェスコ1世・デ・メディチに委譲。
1564年6月11日
この日以降、摂政的な位置を占める。
1574年
フィレンツェ大司教となる。
1605年4月1日
教皇に即位。

別表記

 Ottaviano

外部リンク

 ウィキペディア
 Famille de Carné
 Find A Grave
 Genealogy.EU

参考文献

 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

記載日

 2011年11月7日