Lorenzo Ridolfi

ロレンツォ・リドルフィ

生没:1503年9月6日~1576年
出身:フィレンツェ
父:ピエロ・ディ・ニッコロ・リドルフィ
母:コンテッシナ・デ・メディチ
妻:マリーア・ストロッツィ
子:フィリッポ・リドルフィ
  コンテッシーナ・リドルフィ
  コジモ・リドルフィ
  ロレンツォ・リドルフィ
  ピエトロ・リドルフィ

概要

 ロレンツォ・リドルフィは、16世紀のイタリアの男性。

年表

1535年3~5月半ば
亡命者たち(貴族・枢機卿と共和政派)、アレッサンドロ・デ・メディチに代えてイッポーリト・デ・メディチを擁立することで一致し、使者を次々とバルセロナのカール5世のもとに派遣。アレッサンドロ・デ・メディチは「降伏協定」(1530年)を遵守せず、パルラメントを悪用して「自由」を抑圧し専横を欲しいままにしている。このような「暴政」は支持するに値しないとそれぞれカール5世ないしその側近に訴える。
1534年バルバロッサに奪われたチュニスの攻略問題に専心しているカール5世は、フィレンツェ問題については亡命者たちの訴えを聞きおくに留める一方、アレッサンドロ・デ・メディチに後日ナポリに来て亡命者たちの主張について自分に直接、弁明せよとの指示を送る。
アレッサンドロ・デ・メディチは、亡命貴族(ストロッツィ家サルヴィアーティ家)やロレンツォ・リドルフィ(1503年~1576年)などを次々に反逆者と宣告しその財産の没収を宣言。

別表記

 Lorenzo di Piero RIdolfi

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Lost Girls

記載日

 2011年9月22日