Lucia Marliani

ルチア・マルリアーニ

生没:1455年~1522年12月15日
出身:ミラノ
没地:ミラノ
父:ピエトロ・マルリアーニ
母:カテリーナ・ダンゲラ
夫:アンブロージョ・ラヴェルティ
男:ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ
子:オッタヴィアーノ・スフォルツァ

概要

 ルチア・マルリアーニは、15世紀~16世紀のイタリアの女性、ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァの愛人。

年表

1455年
ミラノにて、生。
1471年
アンブロージョ・ラヴェルティと結婚。
1474年
ミラノガレアッツォ・マリーア・スフォルツァと出会う。
1475年1月
ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァにより、メルツォとゴルゴンツォーラの領地、城、多くの宝石や稀少石を与えられる。
夫アンブロージョ・ラヴェルティは妻との関係を持たないことを約束し、その見返りにコモポデスタミラノのカピターノ・ディ・ジュスティツィアに任命される。
1475年
ミラノにて、オッタヴィアーノ・スフォルツァを出産。
1522年12月15日
ミラノにて、死。

備考

 2001年、法医学者のチームがサンタンドレア・ディ・メルツォ教会で発掘された頭蓋骨を鑑定した。頭蓋骨の年齢と特徴、特に頭蓋上部の突出部の穴と歯科疾患の形跡は、ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァのものと一致するらしい。ルチア・マルリアーニは彼の死の2年ほど前から愛人で、さらに彼の子を身ごもっていた。サンタンドレア・ディ・メルツォ教会は、彼女が通っていたミラノ郊外にある教会である。彼女が後日、愛人の頭蓋骨を仮の墓所からどうにかして盗み出し、自分の教会に納めたのかもしれない。

外部リンク

 kleio.org
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

記載日

 2011年6月1日