Margherita Paleologa

マルゲリータ・パレオロガ

生没:1510年8月11日~1566年12月28日
父:グリエルモ9世・パレオロゴ
母:アンヌ・ド・ヴァロワ
夫:フェデリーコ2世・ゴンザーガ
子:フランチェスコ3世・ゴンザーガ
  グリエルモ・ゴンザーガ
  イザベッラ・ゴンザーガ
  ルドヴィーコ・ディ・フェデリーコ・ゴンザーガ
  フェデリゴ・ゴンザーガ

概要

 マルゲリータ・パレオロガは、16世紀の女性。

年表

1536年11月29日
マルゲリータ・パレオロガ(?~1566年)の叔父でモンフェッラート侯ジョヴァンニ・ジョルジョ・パレオロゴ(?~在位1530年~)が後継者を残さず死亡した(1533年)ため、その領土を1536年11月3日にカール5世の裁定により妻に封与されたばかりのマントヴァフェデリーコ2世・ゴンザーガ、同じくカール5世によりモンフェッラート侯位の継承を承認される。
ゴンザーガ家と同様モンフェッラートの継承権を主張して争ってきたサヴォイア公Carlo II (il Buono)カール5世のこの裁定・承認に強い不満を抱きながら沈黙。
1540年6月28日
マントヴァ公・モンフェッラート候フェデリーコ2世・ゴンザーガ死(1500年~:マントヴァ候・公在位1519年~1530年・1530年~:モンフェッラート候在位1536年~)——フランチェスコ3世・ゴンザーガ(1533年~)、マントヴァ公・モンフェッラート候となるが、幼少の公・候の摂政として故人の妻マルゲリータ・パレオロガ(?~1566年)と弟・枢機卿エルコーレ・ゴンザーガ(1505年~1563年:在位1527年~1563年)が両領国を支配。

外部リンク

 Genealogy.EU
 The Medici Archive Project
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

記載日

 2010年9月19日