Marin Sanudo

マリン・サヌード

生没:1466年6月22日~1536年4月4日
出身:ヴェネツィア
没地:ヴェネツィア

概要

 マリン・サヌードは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、歴史家、政治家。

年表

1466年6月22日
ヴェネツィアに生(1466年5月22日)。
1483年
Itinerario per terraferma veneta(ヴェネト地方内陸部旅行記)を執筆。
1484年
Commentari della guerra di Ferrara(フェッラーラの戦役註記)を執筆。
1493年
Vite dei dogi((歴代)ドージェ伝)を完成。
1495年12月31日
La spedizione di Carlo VIII(シャルル8世のイタリア遠征)をジェノヴァのドージェ、アゴスティーノ・バルバリーゴに献呈。
1496年1月1日
I Diarii(日記)の執筆を開始。
1497年7月21日
ローマにて、手紙を書く。「アスカーニオ・マリーア・スフォルツァがガンディア公フアン・ボルジアを殺害したのは確かです」
1497年12月
ローマにて、手紙を書く。フアン・ボルジアを暗殺したのはオルシーニであることを示唆する。
1498年2月20日
『日記』:ローマからの手紙に、ペドロ・カルデロンが数日行方不明になっていたが、「彼の溺死体がテヴェレ川で発見された」と書かれていた。
1503年10月19日
『日記』:ヒヒの姿で部屋から跳び出そうとしている悪魔が見られた。ある枢機卿が捕まえようと走り出し、捕らえたなら教皇アレクサンデル6世に差し出しただろうが、「放っておけ、放っておけ。それは悪魔だ」と教皇は言い、その夜病に倒れそして死んだ。
1533年9月30日
I Diarii、この日をもって終わる。(1879年~1902年刊)。
1536年4月4日
ヴェネツィアで死。

『日記』 I Diarii

外部リンク:Ferrara mostra su Lucrezia Borgia

Marin Sanudo, Diari, vol. IV, 1501-1503, carta 104r
Manoscritto cartaceo, mm 333 x 224
Venezia, Biblioteca Nazionale Marciana

2002年フェッラーラ「ルクレツィア・ボルジア展」出品作品

別表記

 Marino Sanutoil Giovane

外部リンク

 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『サイレント・マイノリティ』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2006年2月19日以前