Muzzo Attendolo Sforza

ムッツォ・アッテンドロ・スフォルツァ

生没:1369年5月28日~1424年1月4日
出身:コティニョーラ
没地:ペスカーラ
在位:コティニョーラ伯
    次代:ボジオ1世・スフォルツァ
父:ジョヴァンニ・アッテンドロ
妻:アントーニア・サリンベーニ
  カテリーナ・アロポ
  マリーア・ディ・ヤコポ・ダ・マルツァーノ
女:タミーラ・ディ・カーリ
  ルチア・テルツィアーニ
子:マンスエート・スフォルツァ
  フランチェスコ1世・スフォルツァ
  オネスティーナ・スフォルツァ
  エリーザ・スフォルツァ
  アルベリコ・スフォルツァ
  アントーニア・スフォルツァ
  レオーネ・スフォルツァ
  ジョヴァンニ・スフォルツァ
  アレッサンドロ・スフォルツァ
  オルソーラ・スフォルツァ
  ボジオ1世・スフォルツァ
  ジョヴァンナ・スフォルツァ
  レオナルド・スフォルツァ
  ピエトロ・スフォルツァ
  バルトロメオ・スフォルツァ
  カルロ・スフォルツァ

概要

 ムッツォ・アッテンドロ・スフォルツァはイタリアの傭兵隊長。

年表

1369年5月28日
コティニョーラにて、生。
1409年11月
モンテッキオの封建領主。
1410年~
パルマの市民。
1411年3月~
シエナの市民。
1411年10月
1万4千ドゥカートで、教皇によりコティニョーラ伯に、息子フランチェスコ1世・スフォルツァと共に封される。
1412年9月~
アックアペンデンテ、トッレ・アルフィーナ、サン・ロレンツォ領主
1412年~1412年8月
8千ドゥカートの収入で、シチリア王国のGran Connestabile。ティート、ピエトラフィッタ、サトリアーノ、ミリオーニコ、ピスティッチ、モンテッラ、カッサーノ、バニョーリ・イルピーノ、スコッラーノ領主。
1417年2月~
再び、ティート、ピエトラフィッタ、サトリアーノ、ミリオーニコ、ピスティッチ、モンテッラ、カッサーノ、バニョーリ・イルピーノ、スコッラーノ領主。加えて、トローイア伯、アーピチェ、オルサーラ、サン・バルトロメーオ・イン・ガルド、ビッカリ、トッレマッジョーレ、ベネヴェント、セッラカプリオーラ封建領主。
1424年1月4日
ペスカーラの川で溺死。

別表記

 ムツィオ・アッテンドロ、ジャーコポ、Muzio Attendolo Sforza

外部リンク

 世界帝王事典
 Condottieri di ventura
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 kleio.org
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『傭兵の二千年史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの女たち』
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2005年5月29日以前