Opere di Paolo Uccello

パオロ・ウッチェロの作品

目次

ジョヴァンニ・アクート記念墓碑
サン・ロマーノの戦い
フィレンツェ軍を率いるニッコロ・ダ・トレンティーノ
ベルナルディーノ・デッラ・チャルダの落馬
ミケーレ・アッテンドロの援軍
キリストの降誕
サンタ・マリア・デル・フィオーレの時計
聖ゲオルギウスと竜
森の狩猟

ジョヴァンニ・アクート記念墓碑

別表記:ジョン・ホークウッドの騎馬像、Monumento equestre a Giovanni Acuto
作者:パオロ・ウッチェロ
制作:1436年
媒体:フレスコ画
寸法:幅515 cm×縦820 cm
所蔵:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
対象:ジョヴァンニ・アクート
外部リンク:明治学院大学藝術学研究
      Wikipedia

■概要
 「ジョヴァンニ・アクート記念墓碑」は、パオロ・ウッチェロ作の壁画。


■軍馬の歩き方
 ジョヴァンニ・アクートの乗っている馬は、よく見ると同じ側の足を同時に出している。人間であれば右手と右足を同時に出しているようなもので、こんな歩き方をしたら転んでしまうと、後に伝記作家によって酷評された。しかし、実はこういう歩き方が当時、軍馬の調教の中に実際に存在していたことが研究の結果分かったのである。

サン・ロマーノの戦い

伊語:La Battaglia di San Romano
作者:パオロ・ウッチェロ
制作:1438年頃
注文:レオナルド・バルトリーニ・サリンベーニ
外部リンク:アート サモトラケのニケ
      大航海時代とルネサンス
      チェーザレ・ボルジアとその周辺
      Wikipedia
      Web Gallery of Art
参考文献:『戦闘技術の歴史2 中世編』
     『メディチ家』

■概要
 「サン・ロマーノの戦い」は、パオロ・ウッチェロの三部作の絵画。1432年6月2日のニッコロ・ダ・トレンティーノ率いるフィレンツェ共和国軍とベルナルディーノ・デッラ・チャルダ率いるシエナ共和国軍の戦いを描いたものである。

Paolo Uccello
フィレンツェ軍を率いるニッコロ・ダ・トレンティーノ

ベルナルディーノ・デッラ・チャルダの落馬

ミケーレ・アッテンドロの援軍


■経緯
 ルッカ制圧戦で1432年に従軍していたレオナルド・バルトリーニ・サリンベーニが、1438年にパオロ・ウッチェロへ支払っている。レオナルド・バルトリーニ・サリンベーニは、ルッカ共和国を支援するシエナ軍とのサン・ロマーノでの戦いの時にも最前線にいた人物である。
 彼の息子ダミアーノとアンドレアがフィレンツェの北西の丘サンタ・マリア・ア・クイントの邸宅に「サン・ロマーノの戦い」を移し、それを見たロレンツォ・イル・マニーフィコが求め、1484年に手に入れる。
 1492年4月8日のロレンツォ・イル・マニーフィコの死後すぐに作成された目録に含まれており、ラルガ通りのメディチ宮殿の「ロレンツォの部屋と呼ばれる大きな部屋」に飾られていたと記載されている。

フィレンツェ軍を率いるニッコロ・ダ・トレンティーノ

伊語:Niccolò da Tolentino alla Testa dei Fiorentini
作者:パオロ・ウッチェロ
制作:1438年
形態:テンペラ、板
寸法:180 × 316 cm
所蔵:ナショナル・ギャラリー・ロンドン
番号:NG583
対象:ニッコロ・ダ・トレンティーノ
外部リンク:The National Gallery, London
参考文献:『メディチ家』
     『戦闘技術の歴史2 中世編』

■概要
 「フィレンツェ軍を率いるニッコロ・ダ・トレンティーノ」は、パオロ・ウッチェロ作の絵画。「サン・ロマーノの戦い」の1作。

ベルナルディーノ・デッラ・チャルダの落馬

伊語:Disarcionamento di Bernardino della Ciarda
作者:パオロ・ウッチェロ
制作:1438年
媒体:テンペラ、板
寸法:182 × 323 cm
所蔵:ウフィッツィ美術館
外部リンク:Uffizi Gallery

■概要
 「ベルナルディーノ・デッラ・チャルダの落馬」は、パオロ・ウッチェロ作の絵画。「サン・ロマーノの戦い」の1作。


 真ん中にいる甲冑を着た人物は、シエナ側の将軍ベルナルディーノ・デッラ・チャルダ。今まさにフィレンツェ軍の槍の一撃によって、鑑賞者の方に向かって落馬するところである。これがフィレンツェ軍を勝利に導く決定的瞬間となった。
 画面の中にはたくさんの兵士と馬が描かれており、鎧兜には銀箔が使われていたが、酸化して黒ずんでしまったため、絵全体が暗い雰囲気になっている。


 4人の兵士がドーナツ型の帽子を被っているが、マッツォッキーノと呼ばれるもので、この時代流行の帽子であった。ルネサンスの人々はこれを装飾性のある布で包んだりして被っていたのである。しかしながら、頭の天辺を覆わないマッツォッキーノは、戦時に着用するものではなかった。
 遠近法の演習として描いたのであろう。市松模様のそれぞれのマスは全て違う角度についているので、幾何学的に正しく描くのが非常に難しかったのである。パオロ・ウッチェロは4つも描き込んで、さらにこの中の1つをねじり鉢巻状に変化をつけている。
 この絵の左下には脛当てのようなものが落ちており、その表面に「PAVLI VGIELI OPVS(パオロ・ウッチェロの作品)」と、ラテン語の署名が入れられている。

ミケーレ・アッテンドロの援軍

伊語:Intervento Decisivo a Fianco dei Fiorentini di Michele Attendolo
作者:パオロ・ウッチェロ
制作:1438年
媒体:テンペラ、板
寸法:180 × 316 cm
所蔵:ルーヴル美術館
対象:ミケーレ・アッテンドロ
外部リンク:ルーヴル美術館
参考文献:『メディチ家』

■概要
 「ミケーレ・アッテンドロの援軍」は、パオロ・ウッチェロ作の絵画。「サン・ロマーノの戦い」の1作。

キリストの降誕

伊語:Natività
作者:アンジェロ・リッピ
原画:パオロ・ウッチェロ
制作:1443年
媒体:ステンドグラス
寸法:473 cm × 473 cm
所蔵:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
外部リンク:Web Gallery of Art
      Wikimedia Commons
      Wikipedia

■概要
 「キリストの降誕」は、パオロ・ウッチェロ画稿によるアンジェロ・リッピ作のステンドグラス。


■ベツレヘムの星

聖ゲオルギウスと竜

別表記:San Giorgio e il DragoSaint George and the Dragon
作者:パオロ・ウッチェロ
制作:1470年頃
媒体:油彩、画布
寸法:55.6 × 74.2 cm
所蔵:ナショナル・ギャラリー・ロンドン
番号:NG6294
外部リンク:The National Gallery, London
      WebMuseum
      Wikipedia

■概要
 「聖ゲオルギウスと竜」は、パオロ・ウッチェロ作の絵画。

森の狩猟

伊語:Caccia Notturna
作者:パオロ・ウッチェロ
制作:1470年頃
媒体:テンペラ、油彩、金の痕跡
寸法:177 cm × 73.3 cm
所蔵:アシュモレアン美術館
外部リンク:Ashmolean Museum
      Wikipedia
参考文献:『ルネサンス宮廷大全』

■概要
 「森の狩猟」は、パオロ・ウッチェロ作の絵画。

記載日

 2011年10月17日