Paulus IV

パウルス4世

生没:1476年6月28日~1559年8月18日
出身:カプリリーア・イルピーナ
没地:ローマ
在位:枢機卿 1536年12月22日~1555年
       任命した教皇:パウルス3世
   第223代教皇 1555年~1559年
    先代:マルケルス2世
    次代:ピウス4世
父:ジョヴァンニ・アントーニオ・カラーファ
母:ヴィットーリア・カンポネスキ

概要

 ジョヴァンニ・ピエトロ・カラーファは、15世紀~16世紀の男性、聖職者、第223代教皇パウルス4世。

年表

1517年
この年頃、ローマローマ教会への信頼回復を目指すサークル「神愛オラトリオ会」が結成される。人文主義者・カトリック教会改革論者G. Contarini、聖職者ジョヴァンニ・ピエトロ・カラーファ(1476年~1559年:教皇在位1555年~1559年)ら中心人物は後の反宗教改革の主な指導者となる。
1536年7月後半
パウルス3世、公会議に備えて、教会内の諸問題を検討し教会改革案を作成するための九人委員会(Commissione novemvirale)を設立し、Reginald Pole(1500年~)、枢機卿G. Contarini(在位1535年~)、I. Sadoletoジョヴァンニ・ピエトロ・カラーファら9名を委員に任命。
1536年12月22日
パウルス3世、教会改革九人委員会のメンバーの内、Reginald PoleI. Sadoletoジョヴァンニ・ピエトロ・カラーファを枢機卿に叙任。
1542年7月21日
パウルス3世ローマジョヴァンニ・ピエトロ・カラーファら6名の枢機卿からなるローマ及び世界異端審問所(Congregatio Momanae et universalis inquisitionis:のちの検邪聖省(Sanctum Officium))を、各キリスト教国にその代行機関をそれぞれ設置する勅書を発し、宗教改革運動排撃・反宗教改革の姿勢を明確に打ち出し始める。
1555年5月23日
枢機卿ジョヴァンニ・ピエトロ・カラーファ(1476年~:在位1536年~)、教皇に即位し、パウルス4世を名乗る(在位~1559年)。
1555年8月10日
カール5世陣営に与するサンタ・フィオーラのスフォルツァ家が、謀ってアンリ2世軍のガレー船2隻をチヴィタヴェッキアで奪い、ナポリに向けて出港させたのに対し、カール5世陣営の貴族の跳梁を抑制しようと企図していたパウルス4世、この日、甥の枢機卿Carlo Carafaを通じて、スフォルツァ家の当主・教皇代行枢機卿グイド・アスカーニオ・スフォルツァ(1518年~1564年:枢機卿在位1534年~1564年:教皇代行在位1537年~?)に、奪った船を3日以内にチヴィタヴェッキアに戻さなければ訴追すると通告。
これに対しグイド・アスカーニオ・スフォルツァ、夜、自宅にコロンナ家などカール5世陣営の貴族を集め、反パウルス4世を叫んで気勢を上げる。Marcantonio Colonna(1535年~1584年)は、すぐにも反パウルス4世暴動に決起する用意があると決意を表明。
1555年8月12日
奪ったガレー船の返還をスフォルツァ家になお強硬に命じながらも、教会領の南の境界におけるカール5世軍(スペイン軍)の動向を危惧せざるを得ない上ローマにおける兵力と資金の欠乏に悩むパウルス4世に対し、アンリ2世に与する枢機卿Alessandro Farnese(1520年~1589年)、一族を挙げて支援することを約すると共に、アンリ2世との同盟を勧奨。
1555年8月31日
パウルス4世、ガレー船の返還に応じないグイド・アスカーニオ・スフォルツァサンタンジェロ城に連行させる。
1555年9月15日
スフォルツァ家に奪われたアンリ2世水軍のガレー船、チヴィタヴェッキアに帰還。4日後パウルス4世グイド・アスカーニオ・スフォルツァを巨額の保釈金などと引き換えに釈放。
しかし教会領の南の境界で大規模な徴兵を続けるカール5世軍(スペイン軍)と、北の境界でアンリ2世軍の一掃を狙うカール5世陣営のコジモ1世・デ・メディチ軍とに囲まれたパウルス4世、恐怖を覚えつつスペイン=ハプスブルク帝国への反発・敵意を募らせる。
1555年10月25日
ネーデルラントに半ば引退(1553年)後もフェリペ2世メアリー1世の結婚を実現させて(1554年)普遍的帝国実現の希望を蘇らせたカール5世、その結婚から期待した子を得られずに希望が潰え、アンリ2世パウルス4世の接近(1555年8月~)を知り、宗教問題もフェルディナンドに委ねて敗北し(1555年9月)、ついにブリュッセルで譲位式を挙げ、ネーデルラント及びイタリアを列席のフェリペ2世に正式に委譲。
1555年12月15日
パウルス4世アンリ2世、攻守同盟締結:パウルス4世、1555年11月20日、1555年11月22日と続いてローマに入ったアンリ2世の全権使節・枢機卿Charles de Guise(1524年~1574年:在位1547年~1574年)、François de Tournonと交渉を続けた末、(1)アンリ2世は戦費と軍を提供すると共にCarlo Carafaとその兄弟を庇護し、パウルス4世も軍を提供して相互に支援し合うこと、(2)戦端はナポリ又はフィレンツェに対して開くこと、(3)勝利の暁にはシエナを教会領とし、ナポリ及びミラノアンリ2世の王太子以外の王子に統治させること、(4)同盟はピエモンテを除くイタリア全土に適用されること、などを約定。
これによってパウルス4世、反カール5世・反スペイン=ハプスブルク帝国の姿勢を鮮明に打ち出す。
1556年1月1日
パウルス4世、甥・モントーリオ伯Giovanni Carafa(?~1561年:在位1543年~1561年)をCapitano generale della Chiesaに任命(在位~1559年)。
1556年2月5日
アンリ2世フェリペ2世Vaucellesでの休戦交渉(1555年~)、アンリ2世は(1)メス、トゥール、ヴェルダンの3司教領を領有、(2)オスマン・トルコやイタリアの君主を相手とする全ての同盟を維持、(3)ピエモンテの現状を維持、フェリペ2世は(1)北フランス・テルアーヌ、エダンを領有の上、5年間休戦、を約定し、フェリペ2世及びカール5世の実質的敗北裏に妥結(Vaucellesの休戦協定)。
これにより、カール5世の退位を機にイタリアをスペイン=ハプスブルク帝国から解放しようとのパウルス4世の企図、中断される。
1556年5月4日
パウルス4世グイド・アスカーニオ・スフォルツァ及びMarcantonio Colonnaのコロンナ親子に破門及び財産没収の処分を下す。
1556年5月9/10日
パウルス4世コロンナ家のパリアーノとその他の所領を甥Giovanni Carafaに封与し、パリアーノ公の称号を与える。
1556年6月27日
パウルス4世フェリペ2世ナポリ王廃位を宣言する理由を探し始める。
これを察知したフェリペ2世コジモ1世・デ・メディチオッタヴィオ・ファルネーゼの支持を確保すべく工作を開始。
1556年6月27日
パウルス4世、1555年8月から教皇軍指揮官に取り立ててきた甥Antonio Carafa(?~1588年)にモンテベッロを封与し、その候の称号を与える。
1556年9月1日
フェリペ2世ナポリ総督・アルバ公Fernando Álvares de Toledo(1507年~1582年)、パウルス4世が抱いているイタリアからの、とりわけナポリからのスペイン=ハプスブルク勢力駆逐の企図を砕くべく、大軍を率い、Marcantonio Colonnaら反パウルス4世の貴族も同道してナポリを発ち、教会領に向かう。
以後、1556年9月半ばまでにフロジノーネ、アラトリ、アナーニなどCampagna Romanaの教会領各地を次々と占領しローマに迫る。ローマ市内に包囲・劫掠の恐れ、強まる。
1556年9月12日
カール5世パウルス4世を無視して神聖ローマ皇帝位(在位1519年~)と帝国版図を弟フェルディナンドに委譲。この委譲と、1556年1月のスペイン王位及びその領土・直轄地のフェリペ2世への委譲とにより、ハプスブルク家の分裂とそのスペイン王朝化、明白となる。
これに対しパウルス4世、教皇の承認なき帝位の委譲を無効とし、この旨を厳しく伝える書簡を選帝侯たちに送る。
1556年9月15日
フェリペ2世オッタヴィオ・ファルネーゼにピアチェンツァを返還。後ノヴァーラも返還。但し両地の城塞はなおスペイン軍の配下に置く。これによりオッタヴィオ・ファルネーゼパウルス4世アンリ2世に対抗するフェリペ2世支持に大きく傾く。
1556年9月16日
フェリペ2世ナポリ総督Fernando Álvares de Toledo、占領した教会領各地は枢機卿会議の名で保有し、将来の教皇に返還すると声明。
これに対しパウルス4世、これらの地の全面返還がなされない限り一切の交渉を拒絶する意を固め、側近枢機卿たちの交渉促進の勧告を斥ける。
1556年11月13日
エルコーレ2世・デステパウルス4世アンリ2世の攻守同盟(1555年)に加盟。
1557年
40日間の休戦協定(1556年11月27日)の期限が切れた後、ローマにあったピエロ・ストロッツィの指揮するパウルス4世軍、オスティアティヴォリ、ヴィコヴァーロなど1556年Fernando Álvares de Toledo指揮のフェリペ2世軍に占領された各地を次々と奪回。
1557年3月3日
軍をロマーニャに進め、自らは1557年3月2日ローマに入ったFrançois I de Lorraine、この日からパウルス4世Carlo Carafaピエロ・ストロッツィらと同盟軍の作戦会議を開く。しかし、パウルス4世ナポリ攻略を、François I de Lorraineはトスカーナ攻略を主張して結論が出ず、会議、延引。
1557年7月3日
シエナがカラーファ一族ないしファルネーゼ一族に委譲されるとの噂に危機感を覚え、フェリペ2世に対して、これまでの巨額の貸し付けを仄めかすと共にパウルス4世アンリ2世からの同盟加入の勧誘と彼らへの接近の必要性とを示唆しながらシエナ委譲を迫ってきたコジモ1世・デ・メディチ、ようやくフェリペ2世と、(1)シエナを受領する(但しタラモーネ、ポルト・エルコーレ、オルベテッロなど海岸地帯はフェリペ2世の直轄領とする)、(2)ピオンビーノフェリペ2世に返還する(但しエルバ島のポルトフェッライオは引き続き領有する)、(3)フェリペ2世に対する債権は全て放棄することを協定。
1557年10月初旬
フェリペ2世パウルス4世アンリ2世同盟軍の総指揮官として敵対してきたエルコーレ2世・デステに復讐すべくオッタヴィオ・ファルネーゼ指揮の軍を差し向ける。「Caveの和」から漏れた形のエルコーレ2世・デステ、孤立。
コジモ1世・デ・メディチなどからの援軍よりなるオッタヴィオ・ファルネーゼ指揮のフェリペ2世軍、モンテッキオ、サン・ポーロ、カノッサ、スカンディアーノなどを次々と占領。これに対しエルコーレ2世・デステ軍も反撃し、パルマの市の城門にまで迫る。
1558年5月18日
フェリペ2世、1557年末からのFernando Álvares de Toledoを介してのコジモ1世・デ・メディチの働きかけに応じ、パウルス4世アンリ2世陣営を離れて中立を維持することを条件にエルコーレ2世・デステを赦免。両者和解しエルコーレ2世・デステフェリペ2世に占領された(1557年)領地を回復。
1559年1月
禁書目録の公表:パウルス4世ローマの異端審問所を初めとする全ての異端審問所が全キリスト教徒を防衛するための、検閲及び刑罰の恐怖を与えるべき著者と書籍の目録(Index librorum prohibitorum(禁書目録))を公表。この中にエラスムスニッコロ・マキアヴェッリの全作品などが登録される。
1559年7月半ば
高齢のパウルス4世の死期が迫る中、枢機卿ジョヴァンニ・アンジェロ・メディチ(1499年~1565年:教皇在位1559年~1565年)フィレンツェに入り、コジモ1世・デ・メディチと教皇選出枢機卿会議について協議を開始。トスカーナの「王」たらんとする野望実現のため教皇位を利用したいコジモ1世・デ・メディチフィレンツェのメディチ一族ではないが一族と認められたいジョヴァンニ・アンジェロ・メディチに一族の紋章の利用を認めるなど、ジョヴァンニ・アンジェロ・メディチの教皇擁立の準備を進める。
1559年8月半ば?~8月20日
パウルス4世が死に瀕する中、コロンナ家などパウルス4世に迫害されてきた貴族とその陣営の民衆、武器を手に異端審問所、監獄、政庁宮などを襲撃し、パウルス4世の彫像を引き倒してテヴェレ川に投げ捨てる。さらにカラーファ一族の殺害をも試みる。
1559年8月18日
パウルス4世・カラーファ一族暴動の最中、パウルス4世死(1476年~:在位1555年~)。
1566年6月19日
クレメンス7世の書記官を務めた(1533年)が後に改革派(Valdés派)に傾斜したためパウルス4世の下で再三、異端審問に晒され、一旦は有罪判決を受け(1558年)ながらも、パウルス4世の死後ピウス4世の下でコジモ1世・デ・メディチの仲介により判決を取り消され(1560年)、この頃コジモ1世・デ・メディチの客としてフィレンツェに招かれていたPietro Carnesecchi(1508年~1567年)について、新教皇ピウス5世の下のローマ異端審問所、その身柄を引き渡すようコジモ1世・デ・メディチに要求。
1559年
パウルス4世の死(1559年8月)後この頃までの間に、熱烈な共和主義者パンドルフォ・プッチを中心とする反コジモ1世・デ・メディチの「陰謀」、発覚。パンドルフォ・プッチが絞首刑に処された他、Stordo Cavalcantiら3名が斬首され、Bernardo CorbinelliIacopo Corbinelli(1535年~1590年)兄弟が翌1560年叛徒として追放される。

本名

 ジョヴァンニ・ピエトロ・カラーファ、Gian Pietro Carafa

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 GCatholic.com
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 The Cardinals of the Holy Roman Church

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

記載日

 2005年5月29日以前