Pedro Louis de Borja

ペドロ・ルイス・デ・ボルハ

生没年:1458年~1488年9月3日
在位:初代ガンディア公 1485年12月20日~1488年9月3日
    次代:フアン・ボルジア
父:アレクサンデル6世

概要

 ペドロ・ルイス・デ・ボルハは、15世紀の男性、初代ガンディア公。

年表

1458年
生(1460年、1462年、1467年、1468年)。
1481年11月5日
シクストゥス4世により嫡出の勅書が発せられる。「Adolescens Romanas」と書かれている。
1482年
公証人の文書に「adolescens」と書かれている。
1482年
マリーア・エンリケスと婚約。22歳。
1483年1月29日
異母弟フアン・ボルジアの後見人として指名される。後見人は20歳以上でなければならない。
1483年2月4日
シクストゥス4世により、以前に許可された父ロドリゴ・ボルジアがその子供たちに教会のものを含む財産を遺贈する権限を追認する勅書が発せられる。ロドリゴ・ボルジアからガンディア購入のための5万フィオリーノをもらう。
1485年
活動の自由とヴァレンシアの財産の完全な管理を認められる。
1485年
グラナダの戦いに従軍。兵を率いて沿岸に向かいロンダ郊外で初陣。
1485年5月28日
ロンダにて、フェルディナンド・ダラゴーナにより、ペドロ・ルイス・デ・ボルハとチェーザレ・ボルジアフアン・ボルジアEgregioの称号が与えられる。
1485年12月3日
ヴァレンシア貨幣6万3千121timbresでガンディアを購入。
1485年12月20日
フェルディナンド・ダラゴーナにより、ガンディア公の称号を与えられる。
1488年8月14日
居宅にて父ロドリゴ・ボルジアの同席の下、遺言書をしたためる。フアン・ボルジアをガンディア公後継者とし、その他の財産、称号を与えること。若年のためロドリゴ・ボルジアを後見人とすること。また、妹ルクレツィア・ボルジアに持参金1万フィオリーノを与えること。
1488年9月3日
死(1482年、1492年)。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 世界帝王事典
 チェーザレ・ボルジアとその周辺
 Genealogy.EU
 Google Books
 Google Books
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家の黄金の血』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2006年10月27日以前
ボルジア家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで