Pierre Terrail

ピエール・テライユ

生没:1476年~1524年4月30日
出身:ポンシャラ
没地:ロマニャーノ・セージア

概要

 ピエール・テライユは、15世紀~16世紀の男性。騎士の権化として名高いフランス人。

年表

1476年
ポンシャラのベイヤール城に生。(1473年)
1510年
この頃?、フェッラーラのフランス駐屯地の隊長に任命され、ルクレツィア・ボルジアと知り合う。
フェッラーラ軍と共にフランス軍が要塞を攻略してフェッラーラに凱旋し、ルクレツィア・ボルジアに関して記す。「フェッラーラ公夫人は真っ先にフランス軍を歓迎された。彼女はこの世の真珠である。イタリア式の素晴らしい祭典や宴を毎日のように開く。これ程輝かしい貴婦人は、当代はおろか過去にも稀だと私は言いたい。彼女は美しく善良で気品があり、何人に対しても気さくである。フェッラーラアルフォンソ1世・デステは勇敢で練達の君主であるが、夫人の内助の功がすこぶる大きかったことは、誰もが認めざるを得ない」
1524年4月30日
ロマニャーノ・セージアで死。

別表記

 シュヴァリエ・ドゥ・ベイヤール、バヤール、Bayard

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2006年10月27日以前