Pietro Pomponazzi

ピエトロ・ポンポナッツィ

生没:1462年9月16日~1525年5月18日

概要

 ピエトロ・ポンポナッツィは哲学者。

年表

1462年9月16日
マントヴァに生。
1516年11月6日
霊魂の不滅姓を合理的に証明することは不可能とするDe immortalitate animae(霊魂不滅論)をボローニャで刊行。大きな反響・非難を招く。
1517年11月13日
1516年の作に対するかつての弟子G. Contariniの否定論に答えるApologia contro Contarenum(コンタリーニへの弁明)3篇を執筆。
1518年2月3日
1517年執筆のApologia(弁明)をボローニャで刊行。
1519月5月18日
Defensorium adversus Augustium Niphum(アゴスティーノ・ニーフォへの弁明)をボローニャで刊行。
1525年5月18日
ローマで死(1462年~)。
1556年
ピエトロ・ポンポナッツィの遺作De naturalium et effectuum admirandorum causis, sive de incatationibus(自然の驚くべき事実の原因について、あるいは魔術について)、バーゼルで刊。

別表記

 ペレット

外部リンク

 オシテオサレテ
 人生の謎學
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの華』

記載日

 2011年8月7日